surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

スキー場に行き始めたのは

2008年リーマンショックの頃、

日経新聞を買ってスキー場に行く新幹線に乗り込んだ。

「クリスマス誰もいない苗場スキー場」記事読んだ。

スキーブームの頃はリフトは行列、

帰りは苗場から東京まで渋滞したらしいが、

ブームが去って景気も悪くスキー場は閑古鳥。

その頃、旅行会社で見つけた北海道スキーツアーのパンフレット。

え?こんな安いの!ってのが、北海道の雪山に行き始めたきっかけ。

行ってみたらリフトも待つ事なく、たくさん滑れるしイイじゃん。

誰だって並んでばかり混んでるスキー場は嫌だよね。

それまでスキースノーボードは何度か経験があったが、

道具を買って遠方の雪山に通うのは金銭的に無理と思ってたから。

時はスノーボードが主流になっていたが、

なぜスキーにしたかと言うと、

シーズン終わりに神田のショップに行けば、スノボに比べ道具が割安感。

性格が面倒臭がり、かつ「せっかち」

スキーならゴンドラ乗車以外、はきっぱなし、

多少の登りもスケーティングでスイスイ。

今のファットスキーなら林間パウダー~春のシャバ雪まで滑れちゃう。

どっちにせよ若い頃に、そこそこ滑れるようになっていて良かった。

歳とる毎に友達は減って、子供も大きくなって巣立ちすりゃ、

家族も一緒に行ってはくれない。

休みの日、一人で暇だなぁと思ったら、

ノウハウ知ってりゃスキー場に気軽に行ける。気も晴れて楽しい訳だ。

そこで趣味があう友達でも出来たら最高なんだが、なかなか難しいね。

しかしスキー場の経営も大変そうだ。

日本の少子高齢人口減、趣味の多様化スキー場離れ、

アベノミクスのインバウンドが成功し、顧客ターゲットは外国人観光客に、

スキー場が賑やかになり、明るい未来と思いきや、

新型コロナウイルスで鎖国状態。

振り返れば10年に一度は、経済危機や景気悪化があるし、

その間に自然災害やら感染症蔓延リスク。なかなかスキー場も大変だ。

と、スキー場のリフトに乗りながら、考えました。
f:id:uminotabi7:20210406163501j:image

ぽかぽか春スキー楽しい。