surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

JR SKISKI 新幹線・スキー場の感染防止策

新幹線でスキーに行くのはどうかな?と思っていて、

家族も「飛行機なら安心だが電車はなぁ・・」と。

航空会社はCAさんが乗客を管理し、注意してくれるけど、

車掌さんがどこまで、やってくれるか?がネック。

掟破り(マスクなし、電車内でドンちゃん騒ぎ)

の乗客がいたらアウト!ですからね。

 

そこで、一人でGALA湯沢に行って見てきたんだけど、

まず新幹線はシートマップで、周囲が空いてる席を予約。

車掌さん「マスクし会話は控えめ」「座席の転換はダメ!

飲酒は声が大きくなる。おやめください!」強い口調でアナウンス。

スキーして帰りの電車、ビールで乾杯!がJR SKIの楽しみの一つだが、

車掌さんの願い、及び周囲の方々の気持ちを考えれば当然、飲酒自粛

相対的に、家から駅まで、電車でスキー場へ、一日行動して、

マスクをしない人、一人も見ませんでした。

f:id:uminotabi7:20210407090010j:plain

GALA湯沢スキー場もずいぶんシステムが変わっていました。

時間がかかり不評だったレンタルコーナーも改良され、

この日は稼働してませんでしたが、

端末で注文し、並ぶ事なく受け取るだけ。みたいです。

f:id:uminotabi7:20210407090707j:plain

ゴンドラ前には検温し、マスク、グローブ着用。

降りた後はスタッフさんがスプレー消毒されてました。

f:id:uminotabi7:20210407091558j:plain

スタッフさんも、来場者も正しくマスクを着用。

意外だったのは、滑走中も皆さんキッチリとマスクして、

「山の中で滑ってる時はマスクは必要ない」と言う人もいて、

たしかに屋外でマスクは必要ないと私も思うが、

そう言う人に限って屋内でもルーズだったり。

習慣づけという意味でも、常にマスク着用は賛同できます。

f:id:uminotabi7:20210407091720j:plain

私はウレタンのピッタマスクをして滑走してました。

息で湿ってきても、滑走中に乾いてしまうし快適。

春スキーの花粉も防ぎ、日焼けもしませんからね。

f:id:uminotabi7:20210407092057j:plain

レストランなど、あちこちあった消毒液も安心。

アクリル板も完璧で、向かいあって会食も可能。

見ていると、皆さん飲食時以外は、マスクをして会話。

 

レジャー施設ゆえ、やんちゃに騒いでいるグループがいたら、

嫌だなぁ思ったが、意識の高さに正直驚きました。

f:id:uminotabi7:20210407092614j:plain

スキースノーボードが好きな皆さんは、

当然「スキー場を大切にしよう!」思っているから、

感染防止策を理解し、実行していて、とても安心できました。

今年の冬は、スキー場に行くのは自粛しましたが、

多くの方は感染防止、新しい生活様式が身についたように思います。

この調子で、普通の生活を少しずつ、取戻していこう。

 

私はずっと電車通勤だから、気にならないんだけど、

普段乗らない人にとって、電車内の環境は恐いってのはあるようで、

たしかに新幹線のシートを転回し向かい合わせで、

宴会を始められた日にゃ、さすがの私もひいちゃう。

そこは車掌さんが秩序を維持するべく頑張ってほしいし、

乗客の安心につながれば、乗る人も増えると思う。

嫌な役をお願いして申し訳ないけど、車掌さんお願いします。