surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

九十九里・片貝漁港の海「サーフィンライフ」

昭和50年代は娯楽も少なく、夏は海水浴が人気で、

皆、皮膚の皮がむけるほど、真黒に日焼けした。

今じゃそんな人、見かけませんよね・笑。

東京南部からなら、千葉の九十九里が近い割に、

海と浜がきれいで、波があり楽しかった。

 

いつしか片貝海岸でサーフィンを始めた。

かつてイワシ漁で栄えた九十九里町、

漁港が出来るのは、苦労し船を出した町民の悲願だった。

私が始めた頃は、新堤防の延伸工事を開始した頃、

f:id:uminotabi7:20210420210712j:plain

風の悪影響を受けやすい九十九里の波だが、

堤防が風をかわし、非常に良い波がたった。

その後、堤防の延伸で、人造物に砂が堆積を始め砂漠化。

一方、近隣のビーチは砂が浸食を始め、コンクリートビーチ、

66kmに及ぶ九十九里浜の危機は進行中。

自然に見える海を維持するのは、巨額な予算と人の手が必要。

f:id:uminotabi7:20210420211621j:plain

ずいぶん片貝漁港の海に遊ばせてもらったけど、

忘れらない思い出が2つ。

 

1,秋晴れ、軽いオフショア(陸風)サーファー僅か5人。

  面ツルでセット間隔があり「頑張るね!」声かけあって、

  あんなノンビリ片貝は最初で最後。

 

2,ワイルドブルー横浜でボディボードのスピンを覚え、

  片貝漁港の、とろ厚、面ツル、オーバーヘッドにテイクオフ

  どこまでも続く波の斜面でスピンを何度も繰り返し、

  アドレナリン出まくり「ガッツポーズ!」

  もうストレスとか、嫌な事は一瞬で飛んでっちゃう。

f:id:uminotabi7:20210420212710j:plain

片貝漁港の変化を見てきましたけど、

キムタクさん静香さん夫妻を、お見掛けした頃を最後、

私は片貝漁港の海に入るのはやめた。

片貝の名が知れて混んできて。

雪山で言えば、混んでるスキー場と同じ。

 

今もドライブがてら、九十九里の片貝には行くけど。

昔の写真を交え、YouTubeに動画をUPしたら、

多くのコメントを頂き、嬉しかったです。

片貝漁港、多くのサーファーに愛されてたんだね。

www.youtube.com

worldwidetraveler.hateblo.jp