surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

台北②2泊3日で行ける親日国「台湾新幹線」

成田空港を午前中に出発し、15時には台北の街に着。

機場ターミナルから台北の中心街まで30分で行ける地下鉄

2017年に出来たばかり、桃園空港MRTが便利

終点が「台北車站」台北メインステーションです。

 

まずホテルに荷物を置いて繰り出しましょう。

まだ時間が早いからいろいろ観光できますね。

f:id:uminotabi7:20210428060014j:plain

台北の街はバイクが多いけど、

大きい交差点には安全に停止出来る場所があった。

台湾と言えばGIANTの自転車が人気で、

サイクリングも走りやすそうなんだけど、

日本は自転車が安心して走れる道は殆どないし、

一通の車を運転経験してみれば、自転車、特に原付、

私は日本の道じゃ危険と思っちゃうから。

10代の頃、ホンダ ロードパルって原付は安くて、

ヘルメット不要で手軽で、乗る人も多かったけど。

f:id:uminotabi7:20210428060027j:plain

そして、急に思いつきで「台湾新幹線」飛び乗ってみた。

運賃は、台北~板橋まで大人、NT$35=¥130 安いね~

もっとも、東海道新幹線で言えば、東京~品川の距離

f:id:uminotabi7:20210428060115j:plain

電車は日本の新幹線700系と同じですが、

若干、台湾仕様になってますね。

f:id:uminotabi7:20210428060754j:plain

車内は日本企業の広告が目立ちます。

入口付近は博愛座=優先席プライオリティシート

これは良いですね~お年寄り、お体が不自由な方には

ありがたいと思います。

f:id:uminotabi7:20210428061035j:plain

 車両中間には非常口とトンカチがあり、

f:id:uminotabi7:20210428061259j:plain

非常時はカナヅチで窓を割って脱出する。 

ここらは台湾の安全基準なんでしょうね。

そういや日本の「0系新幹線」にもありましたが、

メンテが大変と聞いた事があります。

非常時にここから逃げる場面って無い気もしますね。

日本の新幹線と似てますが、

ちょっとした違いを探すのも海外旅行の楽しみ

広告はやはり日本企業。

日立のエアコン冷蔵庫は省エネですから、

台湾でも人気なのでしょう。

f:id:uminotabi7:20210428061804j:plain

台湾新幹線の運賃は安いので、台北~板橋、桃園。

台北~南港、単距離利用も活用できそうです。

f:id:uminotabi7:20210428062055j:plain

さて、板橋から台北に戻って。明日の行動調査

ランタン飛ばしの「十分千と千尋の神隠しの「九分」まで、

どうやって行こうか。

漢字なので解りやすいですが、稀に難しい字で書かれていたり、

そこが迷う点になりますね。台北も難しい漢字だと・・。?

f:id:uminotabi7:20210428062805j:plain

台北~電車で瑞芳まで行って、

平渓線の気動車に乗換えて十分まで行きます。

f:id:uminotabi7:20210428063131j:plain

親日国の台湾、年配の方を中心に親切なので、

迷ったら聞きながら、行ってみましょう!

「十分」は渓谷も美しくハイキングコースもありました。

それでは、また、続く・・・

worldwidetraveler.hateblo.jp