surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

昭和の不思議「高校生が普通にタバコを吸っていた時代」

禁煙して30年以上たち 今や煙はダメな人で、

職場の喫煙率も一桁%、殆どタバコとの縁は切れました。

しかし昭和の頃、JTによると 私が中学高校時代、

成人男性喫煙率ピークは87%とか!

大人の男性ほぼ喫煙者、高校生も吸っていましたからね。

f:id:uminotabi7:20210621211853j:plain

刑事ドラマ「太陽にほえろ!」ジーパン刑事役、松田優作さん。

張込中にタバコをくわえ、犯人を追いかける際に

タバコを投げ捨て、疾走するシーンが格好良くて憧れまして、

担任の先生も タバコを吸いながら教壇に立っていたし、

中学の頃、父のタバコを1本吸ったのが きっかけですが、

吸った瞬間に目眩と吐き気、その日は寝込んだのを記憶、

たぶん子供が吸えば、相当に身体に悪いものなのだろう。

 

しかしめげる事なく、本格的に喫煙を始めたのは17歳。

高校の通学では 渋谷駅の線路は ポイ捨て吸い殻でビッシリ。

ホーム上屋の柱に 吸い殻入れはあったが 満杯で煙がもくもく、

火が出ている事もあったから、そばには水も用意されていた。

 

まぁタバコが150円位と安かったし、

バイトの時給が400円にしても、高校生が買える価格だ。

 

高校では多くがトイレで隠れて吸っていたが、

今思えばタバコを吸えば、先生が気が付かぬ訳なく、黙認。

あまりにも非常識な吸い方をしなきゃ停学にはならなかった。

昭和40~50年代、日本はタバコ天国だった。

 

今の高校生がタバコを吸うのは稀に思うけど、

臭いしダサい、格好悪いという意識になってるとか。

 

私も今となっては、受動喫煙や健康うんぬんより、

とにかく煙がダメで息がとまっちゃう。

あの頃、非喫煙者の母を気にせず、オヤジと車で吸って、

「窓を開けて!」耳をかさなかった事、

けっきょく喫煙してる時は、吸わない人の気持ちを解ろうとせず、

あ~親不幸をしてしまったと、時折思い出し反省しています。

 

あのタバコ全盛期時代は、人生、昭和の不思議の一つですね。