surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

一人旅で出会った 一人旅ダイバーから「贈り物・さくらんぼ」いただきます。

2005年前後の「パラオ一人旅」を思い出し記事を書いてますが、

楽しい時をご一緒した「東北の一人旅ダイバーさん」が

毎年サクランボを贈ってくださって、あの頃を思い出します。

多くの人は仕事や結婚出産で、ダイビングを離れ縁が遠くなりましたが、

15年以上たっても いまだに年賀状をやりとりする方もいます。

潜水ログブックはログというより、皆の住所や寄せ書きでいっぱい。

こういった連絡方法の交換は「古き良き時代」となりましょうか。

f:id:uminotabi7:20210626132415j:plain

コロナが収束して、また旅に出る際はリタイア後になろう。

旅での出会いは大切に、友達がたくさんできれば最高ですが、

あの頃はガラケーの時代で TwitterもFacebookもなく、

水中写真を撮るダイバーが 自前でホームページを作っていたり、

そこでの繋がりはあったものの、ネット環境が大きく変わり、

今時、住所を教える人は皆無、本名やLINEの交換もままならないという、

はたして交友関係が作れるのだろうか?あの頃は良き夢物語だったのか。

さて、またパラオの旅の思い出を書かせていただきます。つづく。