surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

八丈島③ダイビング「ユウゼン・タテジマキンチャクダイ幼魚・テングダイ」

八丈島は伊豆七島のなかで ダイビングするには最適だと。

海は白波がたってますが 羽田からのANA エアバスA320

八丈島が見えてきました。

右に旋回し 山と山の間にある滑走路へ着陸します。 

f:id:uminotabi7:20210801200933j:plain

飛行機で 八丈島も気軽に行ける時代ですが、

やはり伊豆諸島の島旅を語るに 東海汽船の旅が基本だと思います。

f:id:uminotabi7:20210801201750j:plain

八丈島の潜水ポイントで面白いのが「局長」

なんでも 八丈の郵便局長が いつも釣りをしていたからという。

古き良き時代の話にせよ、

永遠に語り継がれる話になってしまいました・笑

f:id:uminotabi7:20210801201729j:plain

八丈島のナズマドというダイビングポイントです。

向こうに見えるのは「八丈小島」

私は渡った事はないですが無人島です。

f:id:uminotabi7:20210801201821j:plain

ローカルの話によれば ニタリという変わったサメがいるのですが、

これまた私は会った事がなく、

島の固有種「ユウゼン」をご紹介しましょう。

八丈島で潜るなら、絶対に遭遇したいチョウチョウウオの仲間。

日本伝統の染め物「友禅」に似てる「和の魚」です。

f:id:uminotabi7:20210801201953j:plain

「タテジマキンチャクダイ」の幼魚

大人になると容姿が変わる 面白い魚です。

f:id:uminotabi7:20210801202133j:plain

伊豆諸島の海で見られる「テングダイ」存在感があります。

f:id:uminotabi7:20210801202223j:plain

前の記事にも書きましたが、東電の地熱発電の恩恵温泉。

やはり野湯系は シャンプー石鹸は禁止です「裏見が滝温泉」

使ってしまえば 川や海が汚染され 大変な事になります。

旅館ホテルの温泉と違う事を 理解して浸かる必要があります。

f:id:uminotabi7:20210801204627j:plain

八丈島のベース電力「地熱発電所」

f:id:uminotabi7:20210801205123j:plain

地熱蒸気でタービンを回し発電するエコ電力。最高!と思えば、

温泉地では 反対が根強く 本州では普及には難しいようです。

昨今の日本ではありがちですかね。反対→結果、実現しない。

f:id:uminotabi7:20210801205202j:plain

島は魚料理が美味しいですね。

f:id:uminotabi7:20210801205534j:plain

1泊ダイビング2本、なにげに楽しい八丈島!・・つづく。