surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

自動車事故経験・任意保険(ダイレクト型)継続はどこにしようか

私が21歳の頃、遠い昔の 自動車事故経験談です。

片側1車線の優先道路を走行中、

見通しが悪い交差点を 左から出てきた車と衝突しました。

 

相手は初心者マークの女子大生、助手席には彼が乗っており、

軽自動車で ガードレールの支柱に飛ばされ全損。

こちらは左前部損傷15万円の損害(当時の修理費は安かった)

歩行者がいなくて、お互い 怪我がなかったのが 幸いでした。

 

反省点としちゃ、今なら、飛び出しがある事を予見し、

アクセルを離し 左足をブレーキに乗せていたであろう。

事故は避けれずとも、接種しても軽い事故ですむ訳だ。

私も若く「こっちが優先!」粋がっていた面もあります。

 

私は共済系の安い保険で、電話は繋がらない、担当はいつも留守。

途方にくれました(今はそんな事はないと思いますが・・)

 

一方、相手は最大手の損保会社、50歳位の経験MAXの担当者、

事故日以降は 当事者でやり取りはなく このベテラン社員と私、

はい、知識も経験も最大級の50歳保険マンと21歳の対決・笑

図書館でそれらしき本を読みあさり「予見義務」「回避義務」

「過失相殺」その時に勉強しました。

結果、過失割合は「6:4」で 今 思えば妥当な線なのかな。と。

しかし 若かりし私は 納得がいかず やりあいました。

 

「修理費を全部払ってくれ!」言葉も乱暴になった時、

「黙れ小僧、お前に お前呼ばわりされる筋合いはない」

「お前には修理費は出さないから・・」電話を切られた。

あ~しまった!なんて事を言ってしまったんだろう。

 

しばらくしたら「私に条件が良い」示談書が郵送で届いた。

関わるだけ損をすると思ったのだろうか。

私は相手の保険会社へ 乱暴な言葉を使った お詫びの電話をした。

お前も大人になれば、防御運転が出来るようになる

道路に初心者もいる。他人に優しい運転をしろ

おっしゃってくださり、私は示談書にサインし送り返した。

 

それから 私は無事故無違反で過ごしているが、

この時のやり取りから、加害者になっても被害者になっても、

しっかりした 保険会社だなと思いました。

「東京海上グループの♪・・・」コレ素晴らしいセールス文句。

 

けっきょく 自動車任意保険は「40.50代向け、おとなの・・・」

私は最安で 事故連絡はスマホの「LINE」から行うシステムもあり。

 

ところが「東京海上グループの・・・」ログインしたら、

DMの保険料より10%以上安くなっており、

最安との保険料の差は 月にすれば数百円となりました。

まさか、乗換を察知して値下げ?って訳はないよな・笑

 

どうもダイレクト型の自動車保険、人によって保険料が違うようで、

後輩の見積もりを見たら高かったから・笑

 

ノンフリート20等級、事故有係数0年、ゴールド免許、年5千キロ

う~ん、今はどこの保険会社もクオリティは同じと思われるし

毎年、見積もりを比べて、安いところと契約するのもアリかな。

 

あ、事故の件は親には言わなかったです(心配すると思って)

数年前、まだ親がいたころに話をしたら

「そんな事があったのか」と、妙な顔をしたあと笑ってました・笑