surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

歳をとって60過ぎて思った事「年金44年特例」

休憩中 同年代で リタイア後とか年金の話で盛り上がり、

それが楽しい!今が一番 幸せな時なのかも知れません。

 

終身雇用が崩壊し 定年退職とか ゴールが解らなくなって、

かつて60歳まで働いて 女子社員に花束をもらうシーン、

ある電機メーカーの職場で 遭遇した事がありますが、

もう私は 先輩方の 仕事定年達成感は ありませんね。

 

還暦になり 意外に達成感があったのは年金。

基礎年金40年納めたぞ!厚生42年納めた!支給額が具体化。

これは 住宅ローンを完済した時の スッキリ感でした。

雲が掛かって薄曇りの空が、ピーカンです!笑

あと足りない分は、自主努力でまかなえば良い訳。
f:id:uminotabi7:20211010093053j:image

年金に限らず メディアは不安を煽る記事を垂れ流すが、

昭和の定期預金みたいな 最大の資産じゃないですか。

私も若い頃は 年金なんか!って思ってましたよ。

まぁ ニュース記事は選んで読め!って事です。

 

いろいろ 話をしてるなかで「44年特例」あるんだね。

長期働き年金に加入 退職すれば 増額する制度があるそうで、

高卒で63歳 中卒で60歳まで働き厚生年金に加入しリタイアしたら

65歳を待たず 満額年金が受け取れる制度。 

 

大卒は65歳になっても 44年は働いてないから対象外。

(詳しくは日本年金機構のHPをご覧ください)

 

それと 共済か厚生 いずれか一つの期間のみで44年以上だから、

私は 共済と厚生を行き来したので対象外。うそでしょ~!・笑

 

対象者は少なそうですが、仲間に聴きまくったら、

親が中卒で 大手メーカーに就職し 44年勤めあげた人がいました。

モノづくり日本を 44年も支えてくれた方、

しかし長期にわたり、日本製品が強かった時代ですかね。

 

確かにメディアが不安を煽るように、今後の日本は大丈夫?

年金事務所は「大丈夫!」言うから、私は国を信じます。