surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

JAL 旭川「大雪山系 銀泉台の巨大ぼっけ温泉・7月の雪渓を山歩き沼巡り」2019-①

2019年 7月 羽田から JAL 1便で北海道のど真ん中 旭川空港〜銀泉台へ。

大雪山系 黒岳や旭岳でスキーや登山もしますが、

銀泉台は初、大雪山赤岳への入口でもあり、魅力的です。

レンタカーを借りて 層雲峡温泉の少し先の林道へ。

国道から狭いオフロードに入り 15kmの距離 銀泉台を目指します。

夏に雪渓がありますが、日本一早い紅葉が 9月から見られるという、

今頃の素晴らしい時期はマイカー規制、シャトルバスで行くそうです。

写真左の建物はパトロール事務所。ここには立ち寄ったほうが楽しいです。

ヒグマの生息地ゆえ、知識も得る事が出来ます。

f:id:uminotabi7:20211022074952j:plain

写真右の建物は 宿泊が出来る大雪高原山荘。日帰り温泉が800円。

酸性源泉かけ流し(白濁にごり湯)源泉が70℃あるので加水あり。

登山前に「素晴らしい温泉なのでぜひ入って下さい」言われましたが、

遅くなってしまい断念。次回は泊まって入りたい温泉です。

7月ですが雪渓が見えますね。あそこらまで登ります。

f:id:uminotabi7:20211022075108j:plain

一番ビックリしたのは巨大ボッケ「ボコっ!ボコっ!」音をたてて。

山を旅していると「ボッケ」というものを 度々目にしますが、

こんなに ダイナミックで巨大なボッケは 初めてみました!

硫黄が煮え立つ泥沼で この湯を引いている大雪高原山荘の風呂、

「入らなきゃウソでしょ!」という感じですね(写真はナシ)

f:id:uminotabi7:20211022075226j:plain

道端にフツーにボッケがあり、ボコボコ湯気を上げて湧いてます。

f:id:uminotabi7:20211022075239j:plain

高原山荘すぐ裏の源泉と、巨大ぼっけの様子はYouTubeに上げてました。

まるで原油が噴出しているような迫力、よろしければご覧ください。

www.youtube.com

入山!まるで植えてあるような水芭蕉ですが、自然ですね。

f:id:uminotabi7:20211022075334j:plain

程よい湿地帯が水芭蕉の天国になってます。

f:id:uminotabi7:20211022091311j:plain

ワイルドなヤンベタップ川、全くの自然に簡素な橋が、そそられます。

f:id:uminotabi7:20211022075423j:plain

ヤンベ温泉という野湯があり噴煙を上げてますが、台風で流されてしまったようです。

f:id:uminotabi7:20211022075502j:plain

これはオバケサイズの水芭蕉

f:id:uminotabi7:20211022075607j:plain

上に行けば 沼巡りが楽しめますが ご覧の積雪で(7月)

危険な香りがプンプンしますが絶景ですね。

f:id:uminotabi7:20211022091538j:plain

スキーを担いで登って 滑りたいような雪渓がたくさん!

雪渓スキーと言えば 7月の乗鞍大雪渓は、

スプーンカットの氷、でこぼこアイスバーンでしたが、

銀泉台はシャリシャリで滑りやすそうです。もっとも日時?

f:id:uminotabi7:20211022075647j:plain

絶景的な沼が楽しいぞ!滝見沼

f:id:uminotabi7:20211022091422j:plain

いくつかを散策し断念(雪で登山道がはっきりしないため)

f:id:uminotabi7:20211022075719j:plain

スキーで遊んでる人がいそうですが登山道では御法度でしょう。

すいすい滑って下山したい、これはスキーがあれば楽しいぞ・笑

f:id:uminotabi7:20211022075753j:plain

車は三菱エクリプスクロス。これは3回目の車種です。

f:id:uminotabi7:20211022075819j:plain

三菱自動車さんが「これを買って!オススメ」と言わんばかり。

なかなかカッコイイし、とても運転はしやすい。

f:id:uminotabi7:20211022075844j:plain

山ではエンジンブレーキを多用したいので、

パドルシフト マニュアルモードがありがたい。

ガソリン車 燃費は10km/Lと表示。

旭川の町から山道をひたすら登りでしたからヨシとします。

f:id:uminotabi7:20211022075910j:plain

さて、宿泊の層雲峡温泉へ林道を下山ドライブです。