surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

「充電させてもらえませんか?」昭和の上野はバイク天国・財布の紐は固結び

昭和の東京上野は バイク天国でした。

タイのバンコクの街みたいにオートバイが疾走し

中古オートバイ店がズラリと並ぶ「バイク街」

 

高校の頃のバイクは 2年乗って 先輩に5万円で売った。

オイル漏れがあったし 車検を取る事を考えたら 妥当。

「CB750F あげるよ!」って友達もいて

仲間ウチでバイクが 巡ってくる事もあったが、

働き始めて 4気筒エンジンのバイクを 上野で衝動買い。

37万円を 24回払いのローンの申し込みを書いた。

 

郵便貯金が5%とか 職場の定期は7%も金利がついた頃、

お金を借りれば とんでもなく高金利だったけど、

それより「欲しいものは欲しい・笑」

今や 「財布の紐は固結び」だが この頃の散財は酷かった。

このバイク、電気系が故障しておりバッテリーがある間は走る

出川哲朗さんの番組「充電させてもらえませんか?」かよ・笑

f:id:uminotabi7:20211209063305j:plain

渋谷で充電が切れ 知らぬバイク屋さんに

「充電させてもらえませんか?」お願いしたら断られ・笑

起伏激しい渋谷→目黒→五反田まで押して帰る事になったが、

渋谷は名の通り「谷間」にある街であるから 悲劇だ・笑

f:id:uminotabi7:20211209064043j:plain

昭和50年代 まだまだ 地元も職場もバイク全盛期でしたから、

クルマきちがいの先輩にみてもらい「ICレギュレーターの不良」

仲間内で修理も完結する 良き時代・笑

交換して直った訳ですが、バイクは近所で買うべきか・笑

worldwidetraveler.hateblo.jp

worldwidetraveler.hateblo.jp

このバイクも1年乗って 先輩に残債分10万円で売った。

お金より「今やりたい事をしよう!」は間違いではない!

散財を経て 今や「財布の紐は固結び」消費気分は冷えた私かも・笑