迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

SNS無き昭和60年パラオ「旅の醍醐味は出会い」

思い返しても パラオというところは、

日本人ダイバーにとって パラダイスだった。

 

初めてパラオに行ったのは、結婚前の昭和60年頃、

潜水系旅行社の企画5日間ツアーに参加。

交通費、宿、ダイビング×3日など含め、

16万円くらいだったと思います。

当時は北海道や沖縄へ、飛行機代だけで5〜6万したから、

2ボートダイブ込、格安感がありました。

為替は 1ドル200円~130円を乱高下、

ただ今と違って、物価が日本よりとても安かった。

 

この旅行の後に 私は結婚したのですが、

パラオ旅のメンバーは、一期一会とはならず、

結婚式にも来てくれて、その後も一緒に海に行ったり、

とても素晴らしい出会いがありました。

当時は携帯電話はなく連絡は手紙、

疑いも無く 私のログブックは 住所録になった。

TwitterやSNSがなかった時代、

出会いは旅の最大の醍醐味でした。

その後も、ウチ夫婦+兄弟とその友達とか、

しばらく間をおいて、一人旅でパラオに行った。

なんでパラオ?沖縄でいいのでは?

常夏なんですよね~気温も水温も28℃~30℃

私が一番元気になる気候です。

若い頃は 海パン一丁にタンクを背負って 水温30℃それも可。

そうそう、海外の南の島にデビューしてから、

快適過ぎる 海水温28℃以上の海限定ダイバーに。

もう体育会系の 伊豆ダイバーは失格です・笑

 

日本人ダイバーに パラオが最高だったのは、

流れが速い上級者向けの豪快な海に、

10本程度の初心者ダイバーも安全に潜らせちゃう。

高スペックなガイドが揃った ダイビングサービスは、

ありがちな、偉そうな雰囲気はまるでなく、

あっけらかんと笑顔が絶えず、

当時はシャイだった私もすぐ溶け込み性格も変わり、

オチャラケ還暦ジジイになった次第です。

当時のコンチネンタル ミクロネシア航空は、

グアムを拠点に 日本各都市を結んでいて、

日本人ダイバーが集まりやすい地でもありました。

しばらく行ってませんが、その後は世界遺産に登録。

中国マネーが入り、台中 観光客だらけとなり、

大変な事になったと聞きました。

素朴で自然にあふれたパラオ、

世界遺産なんかにならなきゃ良かったのに。

私の勝手な思いです。