迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

ハイパーインフレ経験世代「歴史的転換点にいるのかも」

今日は、マイカーを車検に出して、

同年代の整備士さんと、2時間も話した・笑

(もち、マスク着用、アクリル板 越し)

詳細は明日にし、車業界 大変な事になってた。

 

今回の インフレ物価高は、続くのかもね。

 

コロナ前から 日銀の黒田総裁は おっしゃってたし、

常識外れた 日本国の莫大な借金は、

インフレにしちゃえば、増税なしに消える。

(北海道産 天然ブリ半額!)

 

豊かになったバブル以降、団塊ジュニア世代から若い人、

インフレって 馴染みがないでしょうが、

オイルショック狂乱物価、バブル前の私、

 

何気に ハイパーインフレを経験しており、

父の時代 1950~60年代、高卒初任給 5千円~8千円

 

私の6歳先輩 1970年代中頃、高卒初任給 6万円

僅か10~20年で、給料が5~10倍

 

私の初任給は 8万円後半。その後バブル景気になり、

高卒初任給、僅か10年せず、更に2倍!

 

物価が高くなって、後追いで収入が増えた時代

 

狂乱物価、私は子供だったからね。

自転車にしろ、欲しいモノは 高くて買ってもらえず、

 

日本の豊かさを感じたのは 1980年代から

ヨドバシカメラで、売ってるような、

生活をラクにする家電、楽しいモノが買えたのは、

その頃からでしたね。

 

老人になりゃ 僅かな 預貯金に金利をつけて!

 

国の借金が大き過ぎて、利上げは不可能だ。

金利を上げるほど、もう日本は実力がない。

 

さて、仕事を辞めて「老後2千万円 問題?!」

仮に2千万円あっても、 過去のインフレを思えば、

お金の価値は、あっという間に消えるのだ!

 

この 恐ろしい物価高インフレ、若い人は知らないでしょう。

 

恩恵は 政府の莫大な借金、チャラになる、

インフレという酷いストーリー。

(天津丼 半額!)

我々、歴史的転換点に、立っているのかも。

worldwidetraveler.hateblo.jp