人生は旅「surf&snow DIVER」日常旅行BLOG

東京を拠点に国内外アウトドア旅行と仕事人生

がん検診ドックは必要か「偽陽性・心理的ストレス」

老後を前に 福利厚生・ 臨床実験を兼ねて、

ほぼ全身の 高精度がん検診をやりまして、

3年前は「異常なし!」今回も それを期待して。

worldwidetraveler.hateblo.jp

がん検診のメリットは、早期発見ですよね、

ウチの両親は 進行がんでしたが 治療で

5年以上生存し「完治」となりましたし。

 

判定が「異常なし」なら 安心感を 得る事が出来ます。

worldwidetraveler.hateblo.jp

ただ、PET.CTも 100%でないし 炎症にも反応し、

「がんの疑い」となれば、精神的苦痛は相当なもの。

worldwidetraveler.hateblo.jp

私は血圧が上昇し、不整脈になってしまったから。

worldwidetraveler.hateblo.jp

進行が遅い癌で 症状が出ず、寿命の方が 早く尽きるとしても、

 

高精度PET CT 癌検診の場合「癌判定」となり、

過剰診断過剰治療に陥る事もあるそうです。

 

今回「がんの疑い」のオンパレードになったのは

3年前の装置より 精度が上がったようでした。

専門医を訪ね、ひとつずつ 疑いをはらし、

 

結果、癌は ありませんでした!

 

PET CTでも 指摘無かった、膵臓なんですけど、

MRI(別途 お腹のドック)で 微小嚢胞があるかも?

worldwidetraveler.hateblo.jp

仮説ストーリーでは、疑いも 嚢胞化まで数年かかり、

遺伝子変異を経て、10~15年後に癌化するかも?

これも 癌になる確率は、6%くらいという話。

 

その頃は、平均寿命を 過ぎてる歳でしょうし、

はい。半年後に 経過観察 MRI を予約したけど、

もう ドックやら検診は、これにて終了!?