早期リタイア・アウトドア旅行&日常備忘録「還暦プラス」

60代早期リタイア後の日常・東京拠点 国内外アウトドア&温泉旅行記

スキー場インフレ!ルスツ1日リフト券35%値上げ8,800円 VS お得な25時間券

1日リフト券 8,800円 35%の値上げ!2023年

ルスツスキー場も ハイパーインフレの荒波に!

電気代も高騰しており 仕方ないですね。 

 

もっとも、楽しく還暦健康&ナイスバディ維持!

安いモノ!と思いつつ、これ以上のインフレは・・・

来年以降、スキーツアー価格動向が 気になりますね。

 

今までリフト券について、航空会社ツアー・JR SKISKIも、

「リフト券付き」or「お得な追加料金で購入」

でしたので 意識した事が あまり ありませんでした。

「着いた日は午後から」「帰る日は昼過ぎまで」

ですので その分が 割引されていたのでしょう。

 

今年、最初のルスツ4日は 25時間券(27,500円)を購入。

ところが 15時間しか消費せず 10時間もナゼあまり?

残りは先日の 3日間ツアーで使い 1日あたり約 3,900円!

 

私は消費が多く 5時間追加(この券 限定5,500円)

計7日間で 30時間使い 1日あたり約4,700円

 

お得だったのは、これ、単なる時間券ではなく、

1時間券が25枚(追加して30枚)イメージ。

 

最初にゲートをくぐったら 連続し滑りまくり、

59分59秒目にゲート通過!そして少し休む。

そうすれば ランチの時間も カウントされず、

休憩後 再度 ゲートをくぐってから 1時間が始まります。

 

また、宿からゲレンデまでの 並行ゴンドラ・リフト、

最奥部の山頂から 宿までの帰路はカウントされず、

(行き帰りの ゴンドラ&リフトはゲートなし)

とても良心的な時間券だったのですよ。

 

無駄なく使うには 滑り始めたら ガンガン滑り、

59分59秒目でゲート通過!これで1時間ワンセット。

 

電車運転士なみの 滑走時間管理が必要ですが・・・笑

思ったほど減らない 時間券だったのです。


www.youtube.com