surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

御蔵島&三宅島の旅 ④ダイナミックな三宅島観光&船旅の醍醐味「紙テープが舞う別れ」

伊豆七島はどの島も特色があり楽しいですが、

三宅島は火山の島とあって どことなくハワイ島を思わせるような

ダイナミックな風景の宝庫です。

新鼻新山

昭和58年の噴火の時に一夜で出来た火砕丘。

激しい水蒸気爆発で 吹き飛んだ溶岩と火山灰で作られた

赤と黒い岩壁が絶景のポイント。

これは「漂流教室」というか「宇宙」を想像し、

この風景を見た瞬間 アドレナリンMAX でした。

f:id:uminotabi7:20210703091535j:plain

ここは行く価値が大!ですが断崖絶壁 海に落ちないように無理は禁物。

椎取神社

原生林に囲まれた神社は 2000年の噴火の泥流で一瞬にして埋まった。

向こうに埋まった本殿の屋根だけ見えます。

f:id:uminotabi7:20210703091552j:plain

三池浜海水浴場 ブラック サンド ビーチ

まるでハワイ島のビーチですね、溶岩の黒い砂浜が特徴。

現在はトイレやシャワーもあるようです。

f:id:uminotabi7:20210703091644j:plain

かつては海水浴客で賑わったであろう三池地区。

私が三宅島に行った時は 全島避難が解除された数年後だったので、

まだ噴火の被害や 避難中の4年の間に 壊れた建物が見られましたが、

グーグルマップで見る限り 現在は取り壊されて 海水浴もあるようです。

f:id:uminotabi7:20210703091728j:plain

三池港そばにあった休憩所。噴火前はここで荷物を預けて、

船の出発まで海水浴を楽しんだ様子がうかがえました。

f:id:uminotabi7:20210703091709j:plain

三宅島は火山噴火を中心とした 見所がたくさんですが、

立入禁止だった地区を ご紹介すると大変なので、このへんで。

さて東海汽船かめりあ丸が阿古・錆が浜港に入港です。

向こうに見えるのはダイビングポイントでもある「三本岳」

f:id:uminotabi7:20210703091748j:plain

夏休みとあって多くの観光客が来ていました。

f:id:uminotabi7:20210703091802j:plain

船旅の醍醐味は「船と岸壁の見送る人をつなぐ紙テープ」

f:id:uminotabi7:20210703091818j:plain

島を離れて出ていく人には「がんばれ!」「いつでも帰ってこい!」

「また三宅島に来てね!」言葉が飛び交います。

古い動画で画質は悪いですが、お別れの様子のムービーです。

よろしければ ごらんください。

www.youtube.com

おもわず目頭が熱くなる、船旅のお別れシーン、

飛行機や鉄道の旅では なかなか味会う事が出来ない

f:id:uminotabi7:20210703091828j:plain

船が岸壁を離れて、テープが手のひらから無くなって「お別れ」

f:id:uminotabi7:20210703091839j:plain

「蛍の光」のメロディとともに、涙もろい人は、けっこう泣けます。

f:id:uminotabi7:20210703091847j:plain

紙テープが手から離れて、かめりあ丸は東京港竹芝桟橋へ。

私も伊豆七島には随分と行ったから、

思えば「かめりあ丸」はたくさんの思い出をくれました。

現在は新造船の「橘丸」という船が航行しています。f:id:uminotabi7:20210703091857j:plain

離れて行く三宅島を見ながら、ビールとランチ。

御蔵島のイルカと泳いで、かめりあ丸が欠航し、漁船で御蔵→三宅へ、

雄島噴火後の三宅島も 感じる事が出来て とても良い旅だった。

f:id:uminotabi7:20210703091906j:plain

三宅島は 未だ火山性ガス高濃度地域、危険or立入禁止エリアがあるので、

東京都三宅島村のHPで確認し行動する事をおすすめします。

www.vill.miyake.tokyo.jp

最後に「おまけムービー」大型客船の接岸作業風景。

雨の日も風の日も 船の航行をささえる

たくましい エッセンシャルワーカーです。

僅か11秒の動画ですが、よろしければご覧ください。

www.youtube.com