surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

大雪山系6月黒岳スキー「北海道の山」

大雪山系は登ったりスキーで滑ったり、

「黒岳」の姿は圧巻、スイスの山みたいですよね。

もともと海人間なので、スイスも山も知識に自信はなく、

スキーもスノーボードの言葉や、有名選手も実は知らなくて、

ただ醍醐味を求めて道具は「ファットスキー」になりました。

面倒なくパウダーから春雪まで、どこでも滑れちゃう便利さです。

黒岳は2011年~15年まで、6月に毎年行ってまして、

だいたい5月GW後~月末まで、雪が減るのに合わせ(夏山リフト化)

リフトを下におろす架け替え作業があるので、

工事が終わった6月に行こうか!となる訳です。

ただ雪解け具合が微妙な時期なので、いつも良いとは限らず。

f:id:uminotabi7:20210526071242j:plain

リフトに乗れば15分間で7合目まで行くことが出来ます。

下山は脇の斜面を滑って降りてきます。

f:id:uminotabi7:20210526071250j:plain

7合目から歩いて山頂を目指します。

斜面を登る人と滑った跡が見えますね。

f:id:uminotabi7:20210526071258j:plain

山頂付近にも2名の方が見えます

f:id:uminotabi7:20210526071319j:plain

行くなら6月上旬が良いですね。

ひましに雪は減って中旬だと、雪が途切れてしまうかも。

f:id:uminotabi7:20210526071347j:plain

ここで黒岳の簡単なコースマップ。

単純ながら解りやすい

f:id:uminotabi7:20210526071424j:plain

良さげな斜面を欲望にまかせ、まっすぐ滑り降りたらアウト!

途中でサッと左へ曲がりますよ。

まっすぐ行ってしまうと層雲峡の崖の上だとか?帰ってこれません。

f:id:uminotabi7:20210526071441j:plain

6月上旬「9合目」雪に埋まってます。

f:id:uminotabi7:20210526071459j:plain

まねき岩、ここからとんでもなく急斜面で、ツボ足で登るには断念。

無理せず中止の判断が重要ですよね。

矢印の木にしがみついてスキーを装着してると、

山頂から雄たけびを上げて、滑って来た人が通過「絶頂!」ですね。

滑り始めたら下山は「あっ!と言う間」醍醐味です。

f:id:uminotabi7:20210526071513j:plain

6月中旬に行った時は下記写真の通り、雪が細い・笑

シャバシャバ雪なので危険は感じませんでした。

f:id:uminotabi7:20210526071526j:plain

晴れた6月の日中なら凍る事は無いと思いますが、

アイスバーンは恐いですね。

前に乗鞍大雪渓の7月夏スキー・・氷のスプーンカット?・泣

f:id:uminotabi7:20210526071547j:plain

 久しぶりに黒岳にでも行くか!?

汗をかいて、麓の層雲峡温泉に浸かって、生ビール!く~最高!

worldwidetraveler.hateblo.jp