surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

鹿児島 霧島温泉 2回目-②「大浪池登山・部屋食 貸切温泉(いやしの里 松苑)」

鹿児島 霧島温泉泊 神秘的な大浪池を一周した話です。

県道沿いに 車を停めて大浪池まで登ります。

たくさん駐車できるほど広い駐車場ではありません。

40分ほど登ると大浪池山頂、周囲2㎞水深10mの火山湖があります。

f:id:uminotabi7:20210922170935j:plain

鹿児島交通バスでも行けるようですが便は少なめ。

 

今回の 鹿児島 霧島2泊旅の記録、勘違いしてまして、

1日目 羽田から鹿児島空港→レンタカーで大浪池。

2日目 白鳥山 韓国岳登山・・・が正解。逆になってしまいました。

(下記の記事は2日目の登山、この記事が初日です)

worldwidetraveler.hateblo.jp

40分の登山で山頂部(標高1411m) 大浪池が見えます!

向こうの山が翌日に登った韓国岳。

f:id:uminotabi7:20210922171509j:plain

少し険しい斜面を下って湖畔まで行けそうです。

f:id:uminotabi7:20210922172239j:plain

大浪池の湖畔も風情があります。

f:id:uminotabi7:20210922172407j:plain

県道から登山道を登って大浪池までの動画です(3分30秒)

www.youtube.com

ここで帰ってはもったいない。

大浪池は一周2時間との事で、左回りで行って見る事にしました。

f:id:uminotabi7:20210922173013j:plain

既にお昼を過ぎていたので、14時の時点で1周するか?引き返すか?

自分でルールを決めました。しかし歩き始めると景色がとんでもなくイイ!

f:id:uminotabi7:20210922173246j:plain

大浪池の色と形が微妙に変化し、この景色を楽しむ登山です。

f:id:uminotabi7:20210922173536j:plain

登山道を進むと一度下って、えびの高原、韓国岳への分岐点。

準備を整えた健脚の人なら、1日で全部廻れてしまうのかも?

f:id:uminotabi7:20210922173806j:plain

分岐点のあたりに「韓国岳避難小屋」がありました。

f:id:uminotabi7:20210922174125j:plain

歩き始めて半分くらい、大浪池の反対側を回って ゴールまで 2.9km

f:id:uminotabi7:20210922174346j:plain

大浪池、へこんだ低い部分が出発点。左回りであるいています。

f:id:uminotabi7:20210922174551j:plain

断崖絶壁!ここらが一番高い場所かも。

f:id:uminotabi7:20210922174746j:plain

韓国岳が右手に。とんでもない絶景で

f:id:uminotabi7:20210922174924j:plain

大浪池は 5万年前の噴火で出来た火口に 水が貯まった神秘的な池。

f:id:uminotabi7:20210922175147j:plain

大浪池 一周動画も よろしければご覧ください。

www.youtube.com

大浪池を下山し 本日の宿 霧島温泉郷「いやしの里 松苑」

こじんまりした宿で各階に5部屋くらいずつ、

24時間入れる 無料の貸切温泉が2つありました。

源泉掛け流し 源泉温度60℃の「単純硫黄温泉」が気持ち良い。

f:id:uminotabi7:20210922175916j:plain

食事は お部屋で、会席料理。

f:id:uminotabi7:20210922180231j:plain

鹿児島産の食材を使っているそうです。

f:id:uminotabi7:20210922180717j:plain

朝食も お部屋食です。

f:id:uminotabi7:20210922180420j:plain

各階に貸切温泉があり、部屋から近く、何回も入ってしまいました。

霧島温泉の宿は「いやしの里 松苑」さんで 5軒目です。

部屋食と貸切温泉、全10室、他の宿泊者さんと接点がないので、

コロナ禍では「密」にはならず、松苑さんは優れていると思います。

よろしければ、動画もごらんください。

www.youtube.com

霧島温泉に 連続2回きて泊まった宿は「霧島国際ホテル」「旅行人山荘」

「おやど花みずき」「いやしの里 松苑」「霧島ホテル(日帰り)」

それぞれタイプが違いますが、どちらも良かった事はまちがいナシ!です。

worldwidetraveler.hateblo.jp

worldwidetraveler.hateblo.jp