surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

「Sipadan Kapalai Dive Resort」チェックダイブはマスククリア 2008カパライ①

ダイバーで良かったのは、見知らぬ海にたくさん行けた事

ボルネオ島マレーシア サバ州東海岸沖の砂洲にある

カパライ水上ダイブリゾート」は、

世界中のダイバーが注目したシパダン島への基地の一つ

完全なる水上コテージ+ダイビング施設、兼、軍事宿舎。

潮が引くと美しいホワイトビーチが出現しますが全て水上です。

前回は2003年にマブールに滞在、これは2008年カパライ滞在話です。

f:id:uminotabi7:20210529054146j:plain

マレーシア航空 カパライ水上コテージ滞在5日間

シパダン6ボート+無制限ビーチダイビング付&食事付 99,800円

ここでの思い出は心に残るものとなりました。

カパライ ダイビング三昧リゾートの日課表です。

朝5時から潜って夕食時はビールを飲みながら水中DVD上映会

f:id:uminotabi7:20210529063821j:plain

ここでのルールは

オープンウォーターのCカードを持ち チェックダイブに合格すること」

チェックダイブはインストラクター含め全てのダイバーがやらされます。

自由度が高いダイブサイトでは「チェックダイブ」は重要視です。

水中でマスクを外して付けてマスククリアが出来ればOKです。

カパライ初日のダイビングログです。

f:id:uminotabi7:20210529064332j:plain

日本人の良いガイドとダイバーに恵まれ、他、ヨーロピアン、

韓国、香港、まさに世界中のダイバーが集まっていました。

f:id:uminotabi7:20210529065709j:plain

チェックダイブはカパライリゾート前のハウスリーフ。

無制限セルフダイビングもこの海で潜ります。

桟橋がありエントリーもエキジットも超ラクです。

f:id:uminotabi7:20210529065950j:plain

海にエントリーしてコテージを見上げるとこんな光景

f:id:uminotabi7:20210529070117j:plain

沖合には沈没船が数隻、主にバディとのセルフダイブはここで。

f:id:uminotabi7:20210529070328j:plain

マクロ系のハゼやウミウシが好きなダイバーは絶賛していました。

じっくり海底で観察し写真を撮るには、

カパライ ハウスリーフの無制限ダイブは最高!というわけ。
f:id:uminotabi7:20210529070052j:plain

探すとニシキテグリがたくさんいます。

f:id:uminotabi7:20210529070413j:plain

カパライ ハウスリーフならリタイアして歳をとって行っても

自分のペースでダイビングを楽しめそうです。

f:id:uminotabi7:20210529070519j:plain

もう一つ、カパライ ダイビングリゾートのローカルルールを。

自由度が高い海ゆえ、単純ながらルールも厳格です。

あれ?雪山スキーで言えば、北海道のニセコのような・・笑

 

手袋はダメなんです、安易に海底のモノを触っちゃうでしょ。

海底のモノを守るには着底しない事も大切。

ダイバーがどっさり海に入る事は、自然にとっては脅威です。

f:id:uminotabi7:20210529071826j:plain

この素晴らしいマレーシア領の海域は、

フィリピン南西、北インドネシアの国境付近、調べたら2021年現在、

外務省によると「観光・ダイビング目的で行くのはやめて下さい」と。

 

サバ州東海岸 武装集団イスラム過激組織による誘拐拉致事件は

2016年の18件をピークに収束傾向のようで、

また主催旅行が再開し行けるようになることを願います。

 

しばらくシパダンダイビングのお話をしようと思います。