surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

シパダン亀の墓場 洞窟ダイビング 2008カパライ③

幻になりつつあるシパダン島ダイビング続きです。

2本目は「ドロップオフ ポイント」タートルカバーン洞窟へ。

水中の崖を潜って降りると洞窟の入口があります(2008年の話)

まず私がボートからエントリーさせてもらいました。

f:id:uminotabi7:20210529195545j:plain

続いて女性の日本人ガイドさんが豪快にエントリー

f:id:uminotabi7:20210529195600j:plain

この浅瀬でギンガメアジがごっちゃりいるシパダン島

f:id:uminotabi7:20210529195627j:plain

ドロップオフの壁を潜ってタートルカバーン洞窟に来ました。

f:id:uminotabi7:20210529195645j:plain

タートルカバーン(カメの墓場・洞窟)の入口にもギンガメアジの大群が

まるで「行っちゃダメ!危険だよ!」って言っているようでした。

f:id:uminotabi7:20210529195658j:plain

タートルカバーンの入口、中は複雑で亀やイルカの骨が散乱しているとか。

亀が死に場所を選んで洞窟に入るというより、迷って出て来れない説が濃厚。

2000年以前の先輩ダイバーたちは潜って堪能していましたが、

軽装備では事故もあったようです。亀ですら迷ってしまう洞窟です。

f:id:uminotabi7:20210529200007j:plain

f:id:uminotabi7:20210529200105j:plain

タートルカバーン、洞窟の入口にある「ドクロ看板」で記念撮影。

f:id:uminotabi7:20210529200157j:plain

「夢のようだわ~」カメラを向けると期待を裏切らない白人ダイバー。

こうみるとアジアのダイバーは日本人に限らずシャイだな・笑

f:id:uminotabi7:20210529200304j:plain

シパダン島ドロップオフ ポイント「亀の墓場の洞窟」

ダイビングボートにエキジットです。

f:id:uminotabi7:20210529200424j:plain

ヨーロッパ、アジア4か国のダイバーが集まって記念撮影。

多国籍ダイビングチーム、あまりない機会で楽しかった!

バックはダイバー天国、幻になりつつあるシパダン島です。

f:id:uminotabi7:20210529200546j:plain

この頃、SNS、Twitterとかブログも無い時代、

ホームページを作ってるダイバーが多かったけど、

もう記録があまり見つかりませんで諸事情から、

幻の島、ダイビングポイントになってしまうかもだ。

つづく・・・