surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

法定伝染病隔離経験コレラ・SARS・H1N1新型インフルエンザ・コロナウイルス・・

幼児の頃、法定伝染病に感染し、都立病院に隔離された経験。

1980年代マニラからの航空機内でコレラ発生し自らも食中毒症状。

当時、不安を煽るテレビのワイドショーは無かったのが幸い?!

淡々とシレっと事は過ぎた。その後、感染症が身近にあったのは・・

 

2003年・SARS(サーズ)

日本では騒ぎになっていなかったが、マレーシアのボルネオ島へ、

SARSの影響を受ける国は中国、香港、台湾、ベトナム、カナダ、シンガポール

この国には行かないように!とマレーシアは警戒していた。

f:id:uminotabi7:20210526204842j:plain

その後、6年後の2009年にもマレーシアのボルネオ島へ。

 

2009年・新型インフルエンザ H1N1

f:id:uminotabi7:20210526205627j:plain

成田からマレーシア航空機は、キナバル山を横目にコタキナバルへ。

コタキナバルは首都クアラルンプールから海を隔てた遠方、

ボルネオ島の田舎街である。

f:id:uminotabi7:20210526205725j:plain

日本ではあまり騒ぎになっていなかったが、マレーシアのコタキナバルに着いた時は、

ボーディングブリッジに防護服をきた医療スタッフがいて

f:id:uminotabi7:20210526205708j:plain

検温と消毒を行っていた。こちら日本とは裏腹に、

成田からの旅客はヤバいとみていたのだろう。

正直、私は1980年代、フィリピン航空機内のコレラ騒動以来、

長い間、感染症平和ボケしていたから、マレーシアの対応には関心した。

f:id:uminotabi7:20210526205737j:plain

観光庁のインバウンド客の推移のグラフを見れば、

訪日外国人の旅行者数は500万人程度で、

それほどマスクもしておらず、手洗いもそこそこ。

今ほど移動がないから、これほどの対策で感染は終息していた訳だ。

f:id:uminotabi7:20210526204023j:plain

その後、アベノミクスのインバウンドは大成功し、3千万人超え。

地方の観光地も賑わい、景気も良かったが、

新型コロナウイルスは、ぁっと言う間に世界に広がった。

それだけ地球上の人が、今まで経験がないほど活発に移動し、

ウチも近所の感覚で中国や台湾旅行に行っていたから。

 

今回コロナ騒動が収まっても、インバウンドで世界の観光客を呼ぶなら、

数年おきに、今回の騒動は起こり、あっと言う間に広がるだろう。

 

終息した後で良いから、ワクチン先進国、接種が速かった国を、

日本は見習う必要があるだろうな。

という事で、しばらく、ボルネオ島のダイビング旅の話を。