surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

タオ島ダイビング①「昔からインバウンド景気」

スクーバダイビングは、長い間、出来た趣味。

近年は伊豆の海で、たくさん潜るというより、

潜水器材を担いで、現地スポットのサービスを訪ねる旅、

集まるダイバーとの語らい、出来事が楽しかった。

知らない地に、たくさん旅が出来たのも、貴重な経験ができた。

 

2010年に「タイ」のタオ島に行った時の事、

首都のバンコクは、反政府勢力の騒ぎがあり、

外務省「渡航の延期・・」上から2番目の危険レベル。

f:id:uminotabi7:20210417190814j:plain

この為、シンガポール航空のA380でチャンギへ飛んで、

f:id:uminotabi7:20210417191614j:plain

シンガポールでトランジットし、Bangkok Airwaysでサムイ島へ。

f:id:uminotabi7:20210417192015j:plain

サムイの「ノバ・サムイ ホテル」に22時に到着・泊

f:id:uminotabi7:20210417192038j:plain

翌朝、サムイ島からタオ島へフェリーで向かい、

午後からダイビングをする。

サムイ島の、フェリー乗り場は、西欧人で賑わっていた。

見るからに、観光とは違うアウトドア派で、

タオ島は、ジンベイザメのダイビングが楽しめる海、

奇岩が多く、ロッククライミングのメッカという。

f:id:uminotabi7:20210417193309j:plain

私も良く行く、北海道ニセコの雪山スキー場も、

西欧スキーヤーに人気たが、タオも雰囲気が似てる。

冬山と常夏島の違いだけ。

あとニセコは物価が高いが、タオは物価が安かったから、

とは言え、物資は本土から船で運ぶため、

近年、物価は上昇傾向という。

f:id:uminotabi7:20210417193333j:plain

サムイ→タオ島まで高速フェリーで2時間。

軽装ながら、山に登る気満々の西欧人がたくさん。

日本だと道具のメーカーに拘ったり、グッズから揃えるが、

彼らは、めっちゃイージーだけど、それがまた似合う。

f:id:uminotabi7:20210417195621j:plain

日本のアベノミクス、インバウンドは大成功だったけど、

もっと早くやればね、議員さんも海外視察に行くのに、

日本の成長戦略として、気が付かなかったのかね・・。

観光に依存するタオ島、既にインバウンド大盛況だった。

客層としては9割方、ヨーロピアンである。

f:id:uminotabi7:20210417195758j:plain

韓国の都市型ダイビングショップ引率グループもいた。

今まで、世界どこの海に行っても、

日本人ダイビングガイドがいて、日本が全盛期だったからな。

これからは、変わっていくかもしれないね。

f:id:uminotabi7:20210417200023j:plain

ダイバーも殆どが西欧人、ほか日本と韓国が1割くらい、

f:id:uminotabi7:20210417200302j:plain

タオは物価が安かったのも、人気の一つだけど、

「タイ労働者の命の値段は安いから」現地で聞いた。

そういや、私が危険な作業が多い、日本国有鉄道に入って、

先輩から「怪我は自分持ち!」言われてたが、そんな感じか。

続く・・・タイの旅は奥が深いです。 

worldwidetraveler.hateblo.jp

worldwidetraveler.hateblo.jp