surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

北海道が好きになった「北の国から」田中邦衛さん

田中邦衛さんがお亡くなりに。

私にとって北海道は、子供の頃からユートピアだが、

何度も遊びに行って、北の大地が大好きになって、

「北の国から」ドラマの影響は大きいな。

 

思えば北海道へ初めて行ったのは、

1970年代小学生の頃、叔父が札幌に転勤し、

夏休みにお祖母ちゃんが、会いに行くというので、

一緒に連れて行ってもらった。

石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」じゃないが、

上野発の夜行列車は、青森に早朝に着。

青函連絡船に乗換えて函館には朝、叔父が車で迎えに来てくれ、

当時、東京で車を持っている家は、周囲にいなかったから、

叔父が凄い人に見えた(商用車のサニーだったけど)

函館から札幌まで、大自然のドライブは衝撃だった。

 

この頃、飛行機はまだ高額で、我が家は乗れなかったと思う。

でも、夜行列車+連絡船で北海道に行った体験は、

遠い北の大地を実感できて良かったなぁと思う。

f:id:uminotabi7:20210405092458j:plain

(昔の夜行列車と連絡船の時刻表)

f:id:uminotabi7:20210405092732j:plain

高校からバイクに乗って、北海道をオートバイで走りたい!

進学やら就職で夢は叶わず、北海道は夢の遠い地、ユートピア。

 

2回目に夢の北の大地に行けたのは社会人になって、

田中邦衛さんの「北の国から」1981年~北海道に行きたい熱が!

それから四季を問わず北海道にはずいぶん行った。

(新富良野プリンスホテル内にあった北の国から)

f:id:uminotabi7:20210405101946j:plain

今も富良野に行くと、黒板ファミリーが住んでる気に、

子役の、純君も蛍ちゃんも、もう50歳だっていうから。

田中邦衛さん、ご冥福をお祈りします。

f:id:uminotabi7:20210405101956j:plain

最近は最初に行った頃の、北海道の軌跡とかも探っているが、それも楽しい。

(青森港 函館丸)

石川さゆりさんの、津軽海峡冬景色の曲が流れていました。

f:id:uminotabi7:20210405100500j:plain

(函館港 摩周丸)

摩周丸は記念館になっていて、戦中戦後の過酷な運行記録も。

空襲時も北海道と本州を結ぶ大動脈だったんですね。

函館湾には、多くの連絡船が沈んでいる事も知りました。

f:id:uminotabi7:20210405100734j:plain

昭和、青函連絡船で遠かった夢の大地、成田空港から新千歳まで、数千円で飛ぶLCCの時代になって、

今では1泊、2泊でルスツだニセコだ!とスキーにも行ける。

すごく近くなっちゃって、まさに夢が現実になった。時代に感謝。

www.youtube.com