surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

地・温泉「青森・酸ヶ湯 千人風呂」青函連絡船・八甲田丸

JR東日本の温泉ツアー「THE ONSEN(地・温泉)」で酸ヶ湯に行った話。

往復のJRと 厳選された温泉宿が パックになったお得な商品で、

主に東北エリアの 名湯に行くツアーの内容です。

新幹線だと1泊で青森の温泉に行ける時代、

昔は上野から寝台特急で夜通し走って 遠かったですね。

f:id:uminotabi7:20210819045136j:plain

青森にきたら「大間の本マグロ」食べなきゃ。

f:id:uminotabi7:20210819045152j:plain

津軽海峡で100kg超える本マグロを釣るってんだから凄い。

f:id:uminotabi7:20210819045208j:plain

大間で釣れた本マグロのトロがたっぷり、

数量の限りがありますが 1600円。これはお値段以上です。

f:id:uminotabi7:20210819045230j:plain

マグロを食べたら送迎車で酸ヶ湯温泉へ向かいます。

冬はここに滞在して 八甲田でスキー三昧もいいですね。

めっちゃ豪雪地帯ですから。

f:id:uminotabi7:20210819045257j:plain

ヒバ千人風呂が有名な古くからの「湯治場」

f:id:uminotabi7:20210819045312j:plain

豪華な温泉宿ではありませんが、これが風情がある訳で、

100L/分 湧き出す酸性(硫黄含)硫化水素塩泉。

私が大好きな乳白色のにごり湯です。

f:id:uminotabi7:20210819045331j:plain

男女別の内湯「玉の湯」と、メインはヒバ千人風呂

混浴なので女性は敷居が高いと思われる方もいるかと。

しかし更衣室から 仕切りがあり「にごり湯」なので、

湯に浸かりながら移動すれば大丈夫と思います。

f:id:uminotabi7:20210819045348j:plain

ちょうど韓国からの 若い女子の団体さんが入っていて、

立ったり座ったりしない限りは・笑、混浴でも問題はないと思います。

当然、写真はありませんので、ポスターをご覧ください。

f:id:uminotabi7:20210819045401j:plain

国民保養温泉地「酸ヶ湯温泉旅館」

f:id:uminotabi7:20210819045420j:plain

上が夕食、下が朝食

f:id:uminotabi7:20210819045434j:plain

帰りは青森港の青函連絡船・八甲田丸

f:id:uminotabi7:20210819045455j:plain

一度だけ 上野発の夜行寝台で青森へ、青函連絡船で函館へ行った事があり、

最近は飛行機で安く北海道へ行ける時代になりましたが、

旅としては昔の方が風情がありましたかね。

f:id:uminotabi7:20210819045514j:plain

JNRのロゴがカッコイイ八甲田丸

f:id:uminotabi7:20210819045531j:plain

 参考に以前の記事、函館側の摩周丸を。

worldwidetraveler.hateblo.jp

 青森側の桟橋は線路が残っていますね。

f:id:uminotabi7:20210819045548j:plain

本州を走ってきた 貨客車が八甲田丸へ、

日本の動脈でしたからね、青函連絡船。

石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」が流れ 物思いにふけるには最高です。

f:id:uminotabi7:20210819045603j:plain

「地・温泉」の温泉ツアーでは、他に秋田の乳頭温泉など、

けっこう行ったのですが、写真を探してみます。