迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

荒涼とした野付半島トドワラ「今はほぼ消滅したそうです」

北海道の野付半島と トドワラを知ったのは、

1970年代、漫画少年キングの「サイクル野郎」

自転車で日本一周する主人公が 枯れ木にもたれた。

野付半島に行ったのは1990年位に一度だけ。

JAS 日本エアシステムで旭川へ(2002年JALと統合)

羽田から 往復航空券だけで 11万円/1人 もした。

北海道の知床と根室の中間に、全長20kmの野付半島がある。

トド松やナラワラが 海水の浸食で枯れた風景は壮絶!

サイクル野郎で想像した 風景が広がって私は感動した。

(この写真を撮ったのは 30年前です)

その後、北海道に旅行に行く仲間に 野付半島を紹介。

でも帰ってきて 感想を聞くと「ガッカリした」とか、

「何もありませんでしたよ!」私はウソつきか?

30年前は枯死したトドマツが林立していたのだ!

ある意味、これが本当の自然の世界。

かつて森だった場所が 地盤沈下 高潮にやられ、

自然が作り上げた 荒涼とした地の果て風景も限界。

トドワラは数年前に、ほぼ消滅したと聞いた。

地球温暖化で 海面が上昇する前に、

もういちど行って、変化を確かめてこようか。

野付半島は不思議な形をした半島だ。