早期リタイア・アウトドア旅行&日常備忘録「還暦プラス」

60代早期リタイア後の日常・東京拠点 国内外アウトドア&温泉旅行記

煙ふせぐ~ん!ホテル火災時は煙から逃げ切る!

最近の都市型ホテルって 窓が開かないし、

ペーパー消防設備士&乙4 元 従事者として、

消火設備や避難経路、危険物ないだろうか?

気になって ついキョロキョロしちゃうけど。

 

昭和56年の ホテルニュージャパン火災、

燃えやすい調度品、消火設備や管理もズサンで、

 

それから比べりゃ しっかり安心できる時代に感謝!

余程の事がなければ、

ボヤ程度で 避難できると思ってます。

 

ただ海外のホテルは どうなんだろう?

ブランド宿は しっかりしてると思うけど、

 

これから 大きいビニール袋を 持っていく事にした。

バックに1枚/人 入れとけば、用途は多々ある。

これ アパホテルにある「煙ふせぐ~ん」がヒント。

使い方は お部屋のTVモニターで流れていて、

バサッと空気を入れて 頭からかぶり首元をしめる。

潜水士的には「水深30m 残された空気は 残圧20!」

煙ふせぐーん「吸える空気は3分!非常口にダッシュ」

 

一刻を争う状況、70Lビニール袋なら 5分はいけるか?

いや私 この方法は頭に無かったから アパホテルに感謝!

火災発生で怖いのは 火というより「煙」だと思う。

 

ずいぶん昔、深夜に業務車で走っていたら、

6世帯のアパート、2階端の部屋で煙を発見!

 

車の消火器を抱えて、アパートの玄関まで走った。

住民は既に外に避難し「消してくれ!」言うが、

部屋に入り 消火器を噴射!するつもりが、

煙で 見えない! 呼吸もムリ火元が解らない!

 

消防隊が着いた頃は 火が上がり全焼した。

 

「煙ふせぐ~ん」アパホテルのフロントで、

1枚80円で購入可、今度泊まったら買おう。

今夏は 安いゲストハウス 民泊にするか!

思ったが、火災報知(煙感知、熱感知)はあれど、

小規模なら 消火器もない ハウスがあって、

もっとも窓から 外に避難出来れば良いのだろう。

 

私が消そうとした アパートも消火器は無かったが、

避難は出来て「ヨシ!」一番大切なのは「命」だから。

1年後に前を通ったら、新築アパートに建て替わっていた。