早期リタイア・アウトドア旅行&日常備忘録「還暦プラス」

65歳を待たず早期リタイア後の日常生活・東京を拠点に国内外アウトドア&温泉旅行記

アパアプリで1秒チェックイン!プチ旅行支援「東京ベイ幕張(リピーター)①」

夫婦で夜勤明け+平日休みでしたので 全国旅行支援!

予算は 1泊朝食付き2名で 1.2万+6千円のクーポンで

実質1人3千円!またまた 美味しいモノを頂きましょう。

 

夜勤明けなので 1時間かからず行ける近場です。

「横浜か千葉で 大浴場があって 暖かいところ」

私、特に冬は 大浴場がないと ダメなんですね(寒がり)

 

思いついたのが 新横浜のフジビューホテル(天然温泉)か、

海浜幕張の アパ東京ベイ幕張(旧プリンスホテル)

 

こちらは GoToトラベルの時(訳アリ スイート)に泊まって、

多彩な大浴場があって 概ね満足でしたが、

巨大ホテルゆえ チェックインに1時間もかかり、

(カードキーでなく シリンダー錠)

「もう、いいかな・・」と思ったのですが、

アパホテルの1秒チェックイン・チェックアウトが導入!

それじゃ、行ってみよう!と リピーターです。


www.youtube.com

千葉の海浜幕張は、東京駅から京葉線で30分ちょっと。

駅前アウトレットがあり、電車で気軽に来れますので、

私はここで、スニーカーやらスポーツ用品を買います。

ほか幕張メッセ、マリンスタジアムなどがあります。

京葉線の海浜幕張から 徒歩で行くのが普通ですが、

ウチは総武線の方が便利なので、幕張から3㎞ 40分徒歩・笑

コレステロールの LH比の改善が急務なので、

HDL善玉コレステロールを増やすには 

早歩きで 歩数が多いほど 数値が良くなるそうです。 

この日は 18,000歩 歩きました!

予約したのは、今回もセントラルタワー(旧プリンスホテル)

ほかにイーストウイング、ウエストウイング(アパホテル風)

海浜幕張の街は、人とクルマが分離され、

駅から陸橋を歩いて 東京ベイ幕張まで行けちゃいます。

羽田空港と成田空港の中間にある海浜幕張、

ホテルからリムジンバスで直結、

京葉線でディズニー直結とあって、

コロナ前はインバウンドで 賑わったそうですが、

けっこう多彩な使い方が出来る ホテルなんですよね。

ネックは チェックインの長蛇の列!

そこでアパ直(スマホアプリ)1秒チェックインはいかに!

電車の中でスマホから チェックイン!チェックイン機に

QRコードをかざすと カードキーと朝食券が出てきました!

「なんで カウンターに並んでいる?」って?

「千葉とく旅キャンペーン」地域クーポンをもらうため。

幸いに空いていましたが、写真の通り 混雑時は長蛇の列の予感。

「アパ直アプリ」を使う事で、このホテルの不満は全て解消!

チェックアウトもフロントに寄らず、カードキーをポストへ!

新聞も夕朝とも無料です。

私、本当は新聞を読むのが好きなんです(配達契約したこと無いけど・笑)

これからクリスマス混雑が予想され、白矢印の通り並ぶ予想。

私は、前回不満でしたので、アパのスマホアプリで、

事前チェックイン!これが絶対にオススメです!

 

前回は45階の 激安訳アリ スイートでしたが、

今回は25階のツインルームです。

この高層階にも クリニックが入って 今時ですね。

東京湾ですが オーシャンビュー!

広いウォークイン クローゼット付

もともとバブルの頃に建築された プリンスホテルなので、

アパ仕様のウイング棟より 設備は古いものの それなり豪華。

タワマン暮らしは こんな感じ?笑

冬の南関東は 空気が澄んで 乾燥カリフォルニア気候ゆえ、

例年 インフルエンザが 大流行します。

しっかりマスクをして 遊びに行くのが良いですね。

東京湾の夕暮れも、なかなかのもの。

東京ベイ幕張の良い点は、多彩な大浴場です。

半露天や壺湯もあり、スーパー銭湯並みです。

循環消毒で 硫黄温泉臭ではなく塩素臭・笑

まぁ レジオネラは恐ろしいから これで安心ですね。

それぞれの浴場の混み具合は ディスプレーで見れますが、

ビックリしたのは 洗濯場ランドリー!

使用状態がモニターでき、セキュリティも万全

夜勤あけ、まずセントラルタワーの大浴場へ。

コンビニ(ローソン)は2階にあって、千葉とく旅クーポンも使用可。

ここでまず ビール(一番搾り)を市中価格で買いました。

マツキヨ(ドラックストア)や 各ショップ、

歯医者さん、美容クリニックもあり、

外へ出ずとも、ホテル内で用が済んでしまいます。

エレベーターホールには 電子レンジもあり、

夜は列が出来ていたので、

実に多彩な使い方がある「東京ベイ幕張」と思いました。

大浴場で汗をかいて、部屋ビールを飲んで、

千葉とく旅キャンペーン クーポンを握りしめ、

飲食店街へ繰り出します!つづく