surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

SARS流行 海賊事件シパダン ダイビング2003マブール①

2000年代 世界中のダイバーから注目された「シパダン島」

水深600mから そそり立つ根の上にある 珍しい水中環境、

マレーシアはボルネオ島の東海岸沖にある小さな島です。

 

シパダン海域は2003~2009年まで3回行くことが出来ました。

最後に訪問した2009年の時はシパダンでの行動が制限、

シパダン島のコテージは全て撤去、名目は「環境保護」。

マレーシア軍が常駐していますが、環境保護で武装? 

f:id:uminotabi7:20210527092153j:plain

マレーシア サバ州にあるシパダン島海域 実は訳アリ地域。

外務省からサバ州東海岸全域「渡航の是非を検討」です。

 

最初に計画をした際、感染症SARS が流行、

それよりダイバー間では、海賊拉致事件が話題になっていて、

 

このマレーシア海域は インドネシアとフィリピンの国境付近にあり、

誘拐拉致事件がしばしば発生の噂がありました。

当時外務省にも電話をしたんですが

「もし誘拐されたら 一生拉致人生と思って下さい」との事。

 

成田→(空路)コタキナバル→(空路)タワウ→(陸路)

センポルナ→(海路)マブール。。しかし途中の街は普通に平和で、

海賊や誘拐、紛争事とは無縁に思いました。

 

泊まったマブール島に隣接した水上コテージです。

通常、水上コテージは宿泊費が高いですが、

マレーシアのダイビングは潜り放題、食べ放題でとても安かったです。

f:id:uminotabi7:20210527094328j:plain

水上コテージの部屋には「非常ボタン」がありました。

万が一の時はマレーシア軍が部屋に直行してくれると思いました。

f:id:uminotabi7:20210527094511j:plain

ジャグジーまでついて寛げます

f:id:uminotabi7:20210527094606j:plain

マブール水上ダイビング リゾートです。

f:id:uminotabi7:20210527094926j:plain

ガイド付き3ボート・シパダン行きダイビングと、

ダイビングセンター前の海で好きに潜るには、

ホワイトボードにエントリーの時間を書いて 上がったら戻った時間を書く。

f:id:uminotabi7:20210527095017j:plain

ハゼやウミウシが好きなマクロ系ダイバーは時間が許す限り観察撮影、

水深10m程度、エアの残圧の心配より、1時間程度でエキジットする感じ。

f:id:uminotabi7:20210527095245j:plain

日本人ダイバーと北京から来た方々で、夜はバーベキューで賑やかでした。

ん?感染症のサーズは・・2003年 SARSの影響を受ける国は、

中国、香港、台湾、ベトナム、カナダ、シンガポール

マレーシア政府はマークしていたはずだけど。

リゾートの存続、雇用、経済も重要という訳でしょう。

f:id:uminotabi7:20210527095449j:plain

オープンエアで風通しが良い水上レストランは、

感染症防止の点ではGOODな環境だ。

f:id:uminotabi7:20210527095857j:plain

感染症サーズ流行時のビュッフェを見てみれば、

現在の日本のホテルや飲食店、交通機関の感染防止対策は感度が高く、

それゆえ日本は海外に比べ、コロナをうまく抑えこめているのか。

また 2003年頃にアベノミクスのインバウンドほど 世界の人が動いていたら、

SARSも世界に広がり パンデミックになっていた可能性もあろう。

f:id:uminotabi7:20210527100029j:plain

滞在中はSARS感染地のひとつ、北京の方々とビュッフェも、

サーズの存在自体、忘れていたほど平和だった。

f:id:uminotabi7:20210527100453j:plain

帰路、マブールをボートで離れる際、皆さんがお見送りに来てくれました。

感染症、国境付近の誘拐拉致事件のリスク、不安事を書きましたが、

外務省情報ほど不安な事はなく、地元の人も、治安も良く、

またマレーシア、ボルネオ島の海には行きたいと思っています。

f:id:uminotabi7:20210527100628j:plain

つづいて、2003年シパダン島の出来事の話でも・・・