surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

御蔵島&三宅島の旅 ③三宅・雄山噴火後「楳図かずお・漂流教室の世界」

御蔵島&三宅島の旅 3話目、漁船で三宅島に上陸です。

三宅島は過去 20歳位の頃、潜水訓練センターの先輩と来てまして、

島の周囲は ダイビングポイントが豊富なので、

当時はセルフでダイビングを楽しむ ダイバーで賑わっていました。

その後 三宅島は1983年と2000年の2回 雄山が噴火

4年5か月に及ぶ 全島民 避難という壮絶な歴史があります。

 

この話は 一部地域を除いて 避難指示が解除された 後の事 です。

レンタカーで阿古地区 中学校跡へ、建物は溶岩で埋まっています。

f:id:uminotabi7:20210702201735j:plain

昭和58年の噴火で 一瞬にして溶岩に埋まった400戸の集落。

噴火は 私が最初に 三宅に潜りに来た 直後くらいの出来事です。

f:id:uminotabi7:20210702202427j:plain

阿古温泉郷は 溶岩で埋まる前は観光と漁業で賑やかでした。

f:id:uminotabi7:20210702202458j:plain

当時 潜った「学校下」三宅島は自由に潜れる ダイビングポイントが豊富でした。

f:id:uminotabi7:20210702202957j:plain

立入禁止場所は表示があったが、あまり明確ではなかった。

まだ ガスマスクの携行が義務、気配がある場所は車の窓は閉めた。

f:id:uminotabi7:20210702204006j:plain

牧場公園跡に来てみたら、子供の頃に読んだ漫画

楳図かずおさんの「漂流教室」思い出した。

学校が 何かの衝撃で絶滅した 未来にタイムスリップしてしまう

f:id:uminotabi7:20210702203115j:plain

漂流教室の世界があった・・・

f:id:uminotabi7:20210702203736j:plain

  漂流教室の世界があった・・・
f:id:uminotabi7:20210702203710j:plain

火山性ガス、酸性雨で木は枯れて、遠くにうっすら御蔵島が見える。

f:id:uminotabi7:20210702205032j:plain

山から下りて港に来てみたら、東海汽船かめりあ丸が接岸。

今朝は海況が悪く、御蔵島 民宿宿泊者10名で 漁船で三宅に来た。

この日、御蔵島便は終日欠航だった(日に2便)

 漁船でご一緒した人は、この船で東京港・竹芝桟橋へ、ウチは1泊。

f:id:uminotabi7:20210702204607j:plain

worldwidetraveler.hateblo.jp

東海汽船かめりあ丸を見送って、坪田火山ガス高濃度地区へ。

当時、三宅島では条例に基づき「立入禁止区域」「危険区域」

「高濃度地区」があり、三池港周辺や三池の町は、

火山性ガスの「高濃度地域」 で人が住めない 集落になっていた。f:id:uminotabi7:20210702210528j:plain

三池地域には悲痛な叫び声があった。

f:id:uminotabi7:20210702210548j:plain

この声は 三宅島に来るまで私は知らなかった。ごめんなさい。

f:id:uminotabi7:20210702210556j:plain

民宿に1泊して、噴火当時の様子 を聞くことが出来ました、

2000年8月末 全島避難になった火砕流が発生し 山頂から海まで到達。

島民を乗せて 決死の脱出を試みる 東海汽船かめりあ丸。

公共交通機関の使命感といいましょうか、

身体をはって仕事をしている人が、いつもいるんだよね。

想像すれば、胸が熱くなります。

f:id:uminotabi7:20210702212641j:plain

今日はここまでで、御蔵島&三宅島の旅、あと1話を、

読んで下さった方、ありがとうございます。つづく・・・