surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

御蔵島&三宅島の旅①ドルフィンスイム&雄山噴火後の三宅島へ

御蔵島ドルフィンスイム 今回は三宅島にも行きます(2008年の話)

梅雨明けの気候が安定した7月、いつもの「条件付航行」でしたが、

東海汽船かめりあ丸は AM6時 無事に御蔵島港に接岸しました。

f:id:uminotabi7:20210701105901j:plain

民宿しげを工房(現在廃業)で一休みして

8時30分にドルフィンスイムへ出発!

御蔵島は港と集落以外は 完璧に素晴らしい自然のままです。

f:id:uminotabi7:20210701103503j:plain

期待を裏切らない 御蔵島在住のミナミバンドウイルカ

ここまでフレンドリーだと、飼われている?イルカのプール?

と思っちゃいますが、大自然の海に生きる野生のイルカです。

f:id:uminotabi7:20210701110747j:plain

撮影時はフラッシュ ストロボをイルカに向けてはいけません。

f:id:uminotabi7:20210701110756j:plain

お昼は「やまや」さんの 御蔵島産 青鯛の刺身定食 1280円 

御蔵島には食堂があと1軒、席も食材も少ない為、

多客期はカップ麺を持って行くと安心かも。

f:id:uminotabi7:20210701111157j:plain

御蔵島の山はガイドがいないと立入が出来ませんが、

都道から200m入った タンテイロ巨樹の森までは行けました。

幹周5~9mもある巨木が林立、

直径5㎞の小さい島ですが 山頂部は標高850mもあり、

いつも雲がかかり雨を降らせる。

巨木からして水が豊かな島という事がわかります。

f:id:uminotabi7:20210701111557j:plain

アブラゼミと ヒグラシが大合唱 とんでもなく騒々しい・笑。

f:id:uminotabi7:20210701111616j:plain

タンテイロの森の急斜面を登っていきます。

f:id:uminotabi7:20210701112143j:plain

巨木を発見した時にトラブル発生!

f:id:uminotabi7:20210701112203j:plain

ビーサンの鼻緒が切れた!(しかも両足)
200mを下山するのが大変でした・笑

御蔵島には 店が無いと言っても良いくらい しかし漁サンを入手!

御蔵島村漁協のカッコいい ネーム入りです。

f:id:uminotabi7:20210701112607j:plain

翌日、台風が沖縄から台湾方面へ抜けたと思いきや、

ウネリは御蔵島に届き始めました。

f:id:uminotabi7:20210701113619j:plain

けっこう波が高くなってきました。

f:id:uminotabi7:20210701113555j:plain

水面はざわついていても、水中は穏やかなものです。

水温29℃ 透明度もイルカの機嫌も絶好調

f:id:uminotabi7:20210701113829j:plain

ドルフィンスイムを 午前と午後2回楽しんで 港を見に行った。

海が穏やかなようで 西側からウネリが入り潮が速い。

f:id:uminotabi7:20210701114051j:plain

御蔵島港は ご覧の通り外洋に突き出た小さな桟橋が 一つのみ。

波風をかわす人造物がなにもありません。

ここに大型客船が接岸する訳ですが、既に水が掛っています。

「これは船が欠航する予感・・」気になってきました。

f:id:uminotabi7:20210701114156j:plain

民宿しげを工房さん(現在廃業)

f:id:uminotabi7:20210701114454j:plain

夕食は18時です。居酒屋が1軒だけあるようですが、行った事はありません。

f:id:uminotabi7:20210701114509j:plain

翌日のドルフィンスイムは6時30分、

午後には東京行きの上り便で、三宅島へ渡って1泊する予定。

そして翌朝、島内に放送が流れた・・・

「本日の東海汽船かめりあ丸 下り便は欠航しました・・」

つづく・・・