surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

コンチネンタル航空DC10エンジン停止事故

このブログも「海のモノ?山のモノ?」解らない感じですが、

目的は「旅を楽しむ!」ご了承ください。

 

今日は旅のトラブル・機材故障の話を。

1980年代、グアムから成田へ、CO965便で発生した話。

DC10型機は垂直尾翼に第3エンジンがあるジェット機で、

このエンジンが停止、与圧系統にも何らかの異常で空調停止、

サイパンに緊急着陸した話(DC10型機から降りる筆者)

f:id:uminotabi7:20210510202231j:plain

この頃、コンチネンタル航空は、アメリカ航空業界でも、

ディレイ、キャンセル、オーバーブッキングは普通で、

倒産寸前でした。

異常を感じたのは、グアムを離陸し、しばらくしたら機内が熱い。

皆さん大汗をかいていました。

外を見ると「海面が近い!」低空を飛んでいるのが解り、

テニアン島がとても近く見え、サイパンにランディング。

f:id:uminotabi7:20210510202317j:plain

アナウンスも無く、コックピットと連絡が取れているのか?

客室乗務員がドアを開けたのは、熱くてたまらん!という訳。

f:id:uminotabi7:20210510202330j:plain

酸素マスクが出る事もなく、無事に着陸は出来ました。

f:id:uminotabi7:20210510202342j:plain

さて、DC10は成田に飛ぶ事なく、サイパンで欠航。

サイパンでのホテル、食事、タクシー代は、

全てコンチネンタル航空がもってくれました。

写真はお世話になった、タクシーの運転手さん。

f:id:uminotabi7:20210510202359j:plain

翌日の同時刻 CO965便で帰国を勧められたが、

どうしても帰りたかったので、他社に振り替え、

この頃、まだJALがサイパンに飛んでいたので。

成田行きは JL948便、深夜の3時45分発」を確認し

当時のサイパン・ダイヤモンドホテルへタクシーで移動。

f:id:uminotabi7:20210510202423j:plain

ここで落とし穴。

夕方の混乱時、この時刻表は今日の過ぎ去ったAM3:45。翌日のものではなかった。 

振り替えてもらった翌日のJAL便はAM2:45発と1時間早かった・・

 

早朝、サイパン空港に戻った頃、JAL機のエンジン音が聞こえ、飛び立った。

JALざん「我々を待っていた」と言う。

混乱の中、確認不足、時間を間違えたのだ。

結局、修理完了?コンチネンタルDC10で帰国した。

数日して新聞記事、またコンチネンタルCO965便DC10機、

エンジンが止まって成田に緊急着陸

ちゃんと修理して~(当時の記事)

f:id:uminotabi7:20210510202438g:plain