迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

標高1800m万座温泉スキー場(濃厚硫黄泉)JR SKISKI 1泊 2010年~2020年

万座温泉スキー場は映画「私をスキーに連れてって」のロケ地。

スキーブームの頃は 夜行バスツアーか自家用車と思いますが、

新幹線が軽井沢まで開通してから 日帰りも可能と思いますが、

JR SKISKIでは1泊・半日リフト券2枚ってコースが主流。

夕食はオプションですが 朝食付コミコミ16,800円のツアー代です。

もう連れてってもらわなくても 行けちゃう時代です・笑

(これは2010年1月~2020年1月の話です)

f:id:uminotabi7:20211106064932j:plain

軽井沢駅から送迎付き ハイデッカーのバスで万座まで55km 100分。

観光山岳道路で 路線バスだと軽井沢~万座は 往復6千円かかります。

自家用車で行けば万座ハイウェイは有料道路だったりするので

JRほか旅行社のスキーツアーは大変にお得な内容です。

f:id:uminotabi7:20211106065008j:plain

JR SKISKIは「びゅうトラベル」ツアー客は10人程度、平日なら密とは無縁。

f:id:uminotabi7:20211106065629j:plain

ツアーバスが停まるターミナルから、上にあるのがプリンスホテル、

下に見えるのが同系列の高原ホテル。この時は興味津々歩いたのか?

2020年に行った時はプリンスの玄関にバスが横付け。改善されました。

f:id:uminotabi7:20211106065832j:plain

半日リフト券2枚付きでしたが13時~の券で、11時には準備万端!

ゲレンデレストラン「アリエスカ」で

「私をスキーに連れてって」映画のシーンを思い出しつつ時間つぶし。

2020年は時間券(滑り出しから4時間)2枚に変更され改善されました。

f:id:uminotabi7:20211106065911j:plain

すいとん入りのラーメンが温まります。っていうか、

スキースノーボードは寒くないんですよね。

超寒がり 元は南の島大好き 海人間が言うから間違いなし。

マジに寒い!ってのは北海道でマイナス15℃を下回った時・笑。

f:id:uminotabi7:20211106065940j:plain

晴れたり雪が降ったり、既に万座スキー場はブームの頃よりコース半減。

どうも年々に雪付が悪いのでは?2020年に行った時はマジに思いました。

f:id:uminotabi7:20211106070038j:plain

黒湯コース・狭いので上級になってます。

コロナ直前2020年に行った時は少雪でクローズでした。

f:id:uminotabi7:20211106070105j:plain

万座はコースが減ったぶん、ハイクアップ(リフト無し)や

非圧雪コースを増やして工夫されているようですが・・・

f:id:uminotabi7:20211106070132j:plain

万座プリンスホテルの部屋です。ブームの賑わいの余韻を感じる、

4人ベットがある部屋(高原ホテル)、昔はワイワイしていたんだろうな。

万座はスキースノーボード半分、濃厚な硫黄泉を楽しむのが半分、

私的には温泉の楽しみが6割くらいの比率?

この時に夜に露天温泉に入ったら 髪がバリバリに凍結・笑

ボキっと折れるかと思ったけど大丈夫でした。

雪が少なくなっても 気温が低い標高1800mは雪質が良いです。

f:id:uminotabi7:20211106070201j:plain

万座温泉の宿も一通り泊まって、どちらも温泉は白濁で最高ですが、

スキーで楽に更衣室から滑り出し、帰りも滑って宿に帰れる

万座プリンスホテルがオススメ出来るかと思います。

「動画 2020年版 万座プリンス・私をスキーに連れてって」

東京駅の出発からJR SKISKIの様子も よろしければ(字幕onで解説あり)

www.youtube.com

東京~軽井沢・往復北陸新幹線限定列車指定席

+軽井沢~万座プリンスホテル無料送迎バス

+万座プリンス東館1泊朝食付+スキー場リフト4時間券2日分付

+チェックイン前後の温泉無料。1泊2日16,800円スキーツアー。

めっちゃお得でしょ?行かなきゃ損!損!

(万座温泉にコンビニはありません・夕食の手配は注意)

今年はJR SKISKI 30周年、休みの日は出来るだけスキー場に行こうと思ってます。