迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

日本のリニアは優秀なのか「超電導と常電導」

JRのお偉いさんのリニアの記事を読んでみた。

中国のは常に1㎝しか浮上しない 常電導。

一方 JR東海のリニアは車輪走行で加速後に

10㎝も浮上する高い超電導技術。

「だから中国のリニアはダメ」みたいに書いてあった。

 

まぁ私は 上海のリニアに実際に何度も乗って、

中国の鉄道博物館にも行ってみたんだけどね。

www.youtube.com

上海のは最速430㎞で空港まで30kmの距離を7~8分で走る。

日本に 同じ交通システムがあれば、

東京駅から成田空港まで 僅か15分くらいだ。

www.youtube.com

成田空港が完全開業し新幹線なりリニアで結ばれていたら

東京圏が シンガポールのように発展していたかも?

なんて夢物語を想像してみるのも楽しい。

www.youtube.com

そもそも高度な技術で 10㎝も浮上させるってのは、

日本は大きい地震が多いからと思ってまして、

上海は地震がまず無いから、いつも1cm浮上していれば大丈夫で、

それゆえ構造はスリムで コスパが高いと思われ、

たしか運賃も日本円で700円くらいでした。

 

だから「中国のリニアはダメ」でなく

「大きい地震が頻繁に起きる日本には不向き」が正解でしょ。

 

気になったのは「日本って他国にケチをつける国だった?」

上海の鉄道博物館は「日本は1964年〜高速鉄道がある」と称えてくれてましたよ。

超電導技術は 私が子供の頃から研究され

実現化が悲願と思うが なかなか生かせない日本という国。

かつて日本は経済大国で世界のトップを走ってきたのが、

どんどん抜かされ、何かやろうにも うまくいかない。

いらだちは、私もあるんだけどね。

 

日本は人に優しい とても良い国と思うんだけど、

昭和の「追いつけ追い越せ!」みたいな厳しさなく、

万人が言いたい事を言う割に行動なく、

私の街や生活圏で 主な現場の働き手は外国人労働者だから、

日本は未だ 豊かさの余韻は残っているんだろうけど、

これからこれと言った成長戦略もなく不安だらけ。