surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

大井川鉄道の旅 大井川水問題「静岡1」

静岡の秘境「寸又峡温泉(大井川上流部)」に行った時の話。

 

昨日は上海リニア(マグレブ)に乗った時の話の中で、

JR東海のリニアは完成しないかも?」と書いたけど、

静岡県の川勝知事がリニア反対!工事をさせない件、

単なるエゴと思っていたのですが・・・、

 

リニアのトンネル工事で大井川の水が減る問題

大井川鉄道に乗って、大井川の上流まで行くと、

川勝知事が「1滴も譲らない」おっしゃる事も解ってきます。

 

トンネル工事の水問題と言えば、

最近では、北海道新幹線のトンネル工事で、

たしかニセコの桂地区で、水枯れがあったんだよな。

ちょっと資料が見つからず、詳しくは忘れてしまってスミマセン。

 

さて、東京駅を朝7時の新幹線「ひかり号」で静岡へ、在来線で金谷へ、

隣接する大井川鉄道に乗って千頭まで。帰りにSLに乗りますが、

行きは電車でした。大井川に沿って上流へ走ります。

f:id:uminotabi7:20210515061850j:plain

千頭から奥泉へ、南アルプスあぷとライン・トロッコ電車で出発。

中部電力の井川ダム建設資材運搬用に使われた鉄道です。

大井川鉄道井川線で上流を目指します。

f:id:uminotabi7:20210515061923j:plain

ところで東海道新幹線で大井川を渡ると、川に水がないのが解りますが、

グーグルマップを見ても明らかですね。

山岳鉄道は大井川上流部を目指します。

f:id:uminotabi7:20210515061953j:plain

沢間駅を過ぎて、左手から寸又川、右手から大井川の合流部

 

実際の川の写真はこちら。流れる水が少ないですね。

夏、雨が少ない年だと、干上がってしまいそうです。

f:id:uminotabi7:20210515062058j:plain

この電車に乗って行くと、大井川の実情が良く解ります。

大井川水系は、利水と治水目的で、中部電力の水力発電ダム、

国土交通省のダムがたくさんあり、私は長島ダムに見学に行きました。

高校を卒業し国交省に入ってダムに配属になったばかりという

職員の方に案内してもらいました。

大井川を知るにはとても勉強になりました。

f:id:uminotabi7:20210515062140j:plain

電車は奥泉駅に11時に到着。バスに乗換、寸又峡へ向かいます。

今日の鉄道はここまで。

寸又峡温泉に泊まり、明日は上流まで鉄道で行きます。

f:id:uminotabi7:20210515062156j:plain

  つづく・・  

worldwidetraveler.hateblo.jp