surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

幻の成田新幹線 高架は完成済「成田空港スカイライナー」

お正月、成田山 新勝寺に初詣の帰り、幻の「成田新幹線 高架橋」へ寄り道。

東京駅と成田空港間、65kmの路線距離を 260km/hの速度で20分台で到達予定だった。

イオンモール成田の横に 立派な成田新幹線用 高架橋が空港まで完成済。

f:id:uminotabi7:20210517173213j:plain

下の写真は 京成スカイライナー新線が開通する前、

新幹線高架橋の右側から、貧弱なJR成田支線が入り、

単線で成田エクスプレスなどが空港まで活用してました。

f:id:uminotabi7:20210517173136j:plain

京成スカイライナー新線が開通し、成田新幹線高架橋に接続後。

山手線の日暮里から成田空港まで36分

成田新幹線の計画ルートに新規に線路を作って、最速のアクセスになりました。

f:id:uminotabi7:20210517173151j:plain

そもそも成田新幹線は、開港時に空港アクセス列車として工事が開始、

東京駅側は現・京葉線、空港側は写真のとおり完成済み。

江戸川区~浦安地区で反対運動がはじまり、

理由は「地元にメリットなく騒音問題がある」というもの。

実際、新幹線は走行音がとても静かで、

東海道や東北上越新幹線の在来線並走区間に行くと、

あきらかに在来線電車のほうがウルサイんですよ。

長く「成田空港は遠く不便言われた訳」

アクセス列車が反対運動で出来なかった。

成田新幹線は、東京・千葉ニュータウン・空港3駅構想でした。

今も千葉ニュータウン中央駅あたりは、

地盤が強固で地震に強く「DC銀座」と言われ、

グーグルやAmazonを始め、大企業のデータセンターが集積し、

住宅地としても高機能なエリアになっています。 

在来線最速160㎞の速度で、成田空港まで36分で到達する

スカイライナーに乗った感想は「京成電鉄 頑張った! 

f:id:uminotabi7:20210518065443j:plain

上野・日暮里から青砥、都内区間は昔からの京成線でカーブが多く、

f:id:uminotabi7:20210518070701j:plain

高砂あたりまで速度も遅く、所要時間36分の半分を消費。

f:id:uminotabi7:20210518070745j:plain
「本当に36分で成田に着くの?」心配になります。

京成高砂を過ぎて、北総線・成田空港線から速度が上がります。

f:id:uminotabi7:20210518070829j:plain

西白井駅、千葉ニュータウン辺りから電車は本気に速い!

もともと成田新幹線が計画されたルートなので、空港までほぼ直線

 

空港第二ビルにスカイライナーは36分で到着。

開港当初から、成田新幹線が東京駅から空港まで直線距離で開通し

成田空港もフルに完成をしていたら、

今頃はシンガポールのチャンギ空港のように世界一になっていたかも。

f:id:uminotabi7:20210518070845j:plain

私が思う成田空港

1,地盤が強固な内陸で、地震に強く津波の心配がない。

2,春一番が吹く頃、強風、霧による視界不良がある。

3,台風、ここら辺は停滞する事がなく数時間で過ぎてしまう。

4,降雪の心配がない・・つまり安定安心!

 

私と成田空港、開港から8年後1986年にGUAMへ行った時から。

B747ジャンボジェットが主流で、航空機の燃費が悪かった頃、

アメリカの各航空会社は、成田をハブ空港としていた。

極東にあり気象が安定した成田の立地は良く、

アジアの旅客を成田に集め、大型機に乗せ換えアメリカへ飛んでいく。

ところが近年は飛行機の燃費も向上し、

最新のB787なら、シンガポールから米国まで無給油で飛ぶ。

韓国仁川に飛んでから、アメリカを目指した方が安かったり、

近隣国の空港が立派に完成した近年、

次の時代も成田・羽田空港は発展していく事が出来るだろうか。
www.youtube.com

参考にスカイライナーに乗った時の動画を。

画質も良くなく字幕もない、撮りっぱなしですが、

よろしければご覧ください。

海外旅行はまだ当分先になりそうですが、スカイライナーに乗って、

動画を撮りながら、成田空港でも行ってみようかな。