迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

えきねっとeチケ「トクだ値35満席」北陸新幹線

先日 えきねっと から事前申込した「トクだ値35」

席数限定の35%引き 新幹線eチケットだ。

指定席は1か月前に発売だが事前に申込が出来た。

そしてJRから「満席」のメールが来た・悲

善光寺の御開帳とあって混んでるのか。

しかし 参拝券も モバイルSuicaが使えるとは、

スマホ1つあれば ディトリップOKの時代だ。

北陸新幹線列車、東海道で言えば「かがやき(のぞみ)」

「はくたか(ひかり)」「あさま(こだま)」

東京から 長野間では3タイプの列車がある。

私は 価格重視なので あさまのトクだ値35を希望。

JRも長野へ行くなら「あさま」に乗って欲しいはずで、

スキーも「あさま」は限定列車に指定され格安になる。

「あさま」が安っぽく聞こえたら申し訳ないが、

かつて信州まで 新幹線が無い時代、

難所の急勾配 碓氷峠を機関車連結して越え、

上野から長野間 3時間30分で走った在来線、

国鉄のマンパワーと 横川おぎのや釜飯が総力結集し

運行された歴史ある特急列車の名が「あさま」だ。

一見グリーン車やグランクラスのほうが

売れ行きが良さげってのは バブル期現象のようだ。

本当に満席?と席を確認したら・・・がら~ん

ちょっと!トクだ値35の対象席数少なすぎ!笑

まぁいいか。次に安いのは「大休ミドル」これは

JR東日本の50歳から会員「大人の休日倶楽部ミドル」

私も入っており えきねっとと紐づけしてある。

今までは 日帰りガーラ湯沢スキー場、

新幹線とリフト券がセットになった 8千円商品も

5%引き 7600円で行けたからトクだった訳です

トクだ値35は「あさま」に設定された運賃料金だから、

買えないなら「はくたか(ひかりタイプ)」にするか。

各駅停車の「あさま」より10分も速い。

65歳から入れる「大休ジパング」だと 制限なく30%引き。

年会費は高くなるが1往復すれば元がとれるというウリ

スマホで買ったeチケット 大休ミドルカードに紐づけした。

65歳を過ぎたら 「大人の休日倶楽部ジパング」

いきなり使うのは難しいかも?笑、今から慣れないと。