surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

タオ島ダイビング②「昔からインバウンド景気」

西欧人にとって、日本の2食付の宿ってのは、

違和感があると聞いた事があるが、

f:id:uminotabi7:20210418051025j:plain

がっつり夕飯を食べるより、オープンなバーで飲んだり、

好きな軽食を単品で頼んで、会話をゆったり楽しむ。

写真のような雰囲気を好むんだろうな。

お店の「歓迎する国旗」を見れば、オランダ、ドイツ、スイス・・

日本や韓国の国旗は、小さいのが1つずつ・笑。

タイ、タオ島の顧客ターゲットはヨーロピアンなのだろう。

f:id:uminotabi7:20210418054455j:plain

タイと言えば、冷えたシンハービールだよな

南の島で汗をかいて、エスニック料理とあう。

f:id:uminotabi7:20210418054519j:plain

ダイビング旅行の醍醐味は、日本人で集まって夜の会食。

私も気軽に一人旅で、海外に潜りに行っちゃう派だけど、

こういった集まりがあるから、寂しくもなく、

初めて会った人とも、ビール片手に海の話で盛り上がり、

翌日からのダイビングは、もう友達という訳だ。

f:id:uminotabi7:20210418054350j:plain

ダイビングサービスのスタッフも、夜まで大変だと思うが、

今後もこういった社交場を提供してもらいたいです。

f:id:uminotabi7:20210418060013j:plain

本格的なピザを釜でやいてもらった。

f:id:uminotabi7:20210418060052j:plain

街には屋台も。串焼きが美味しかった。

f:id:uminotabi7:20210418060550j:plain

治安が良く、安全面では全く不安はない。

長さ7kmの小さい島だけど、これだけ賑やかなのは凄いよ。

昔からインバウンドで賑わうのが、タイのタオ島。

f:id:uminotabi7:20210418060636j:plain

タオ島にもコンビニ「セブンイレブン」があり、

水を買ったり、なんだかんだ便利だ。

伊豆七島の御蔵島で、裸で歩いていたら叱られたし、

裸でお店に立入禁止!厳しかったけど、

西欧人は裸で歩いていても、不思議と違和感はない。

タオの奇岩を登る、ボルダリング派の体系は美しい。

f:id:uminotabi7:20210418060901j:plain

海外勢に人気の北海道ニセコに行って見ていても、

彼らは遊び方が上手で、スキーで知らぬ谷間も、

私は、くっついて教えてもらった。

そういえば北海道、スキーと言えば、

黒岳ロープウェイの人もビックリしてたけど、

層雲峡のホテル群まで、まるで熊のように、

岩を転がりながらスキーで滑り降りる。

あの感性というか体力、日本人はかなわないね。

続く・・・(タイ・タオ島)