迷走還暦・仕事と遊び「surf&snow DIVER」

東京拠点 国内外アウトドア旅行

ハイブリッド車エンジン始動不可!「イーデザイン損保」ジャンプスタート

車のドアを開け スタートボタンを押すも、

「ひゅ〜ん」異音とともにインパネ消灯。

「クルマが壊れた!?」

車両故障なら メーカー保証期間だが

バッテリー上がりはこちらの怠慢で有料だろう。

それにしても 経験上の 症状とチト違う。

時間が遅かったので 手動でロックし対応は明日。

 

ハイブリッド車は、駆動用の大きい主バッテリーと

システムを起動する補機バッテリーがあり、

後者の端子電圧を測ってみる事にした。

 

補機バッテリーはボンネット内ではなく

トランクルームにあり さっそく測定。

f:id:uminotabi7:20220310090308j:plain

うそ~「3V ないぞ!」ここまで電圧が下がるのは変!

(通常は12v)やっばり故障?判断がつかぬ HV初心者。

 

任意保険「東京海上グループのイーデザイン損保」へ

スマホのアプリ「故障・トラブルの連絡」を押した。

これは便利!GPS「ON」位置情報が女性オペレーターさんへ、

無駄がないトークで テキパキと手配が進む。

「セルは少し回ります?」「HVシステム死んでます」こんな会話

f:id:uminotabi7:20220309085918j:image

 

バッテリーならジャンブスタートを(無料ロードサービス)、

故障ならトヨタまで レッカーをお願いした(100kmまで無料)

折返し レッカー屋さんから電話があり、

「30分で到着します!」とてもスピーディだ。

さっそくジャンブスタート(エンジンスターター)でシステム作動!

しばらくすると エンジンがかかり 端子電圧14V オッケー!

しかし 3Vまで電圧低下した謎(一晩放置した間に放電?)

 

そのまま ディーラーまで自走しエンジン停止後、

バッテリー端子で電圧12v~あり異常なし。

メカニックさんに聞けば HVシステムが動けば

主バッテリーから 補機バッテリーにすぐ充電されるとか。

「補機バッテリー上がり」という事でした。

それにしても レッカー屋さんが持っていた

バッテリー上がりの必需品、

ジャンプスターター 優れものだったな。

Amazonで調べたら 5千円台~!安っ!

スマホなどへ充電も出来るみたいだし買うか!笑

ポケットサイズなら主にスマホ充電用に使えるし

(こんな小型でエンジンかかるのか?)

日本の日立製でも2万5千円で買えるぞ。

東日本大震災で「計画停電」を体験した仲間によれば

「電気がなければ何もできませんよ!」(スマホ充電も)

「電源の確保は重要です!」との事で カートに投入!

クルマの バッテリー上がりから 逸れましたが

品物が到着したら ブログに書きますね。