早期リタイア・アウトドア旅行&日常備忘録「還暦プラス」

65歳を待たず早期リタイア後の日常生活・東京を拠点に国内外アウトドア&温泉旅行記

ルスツスキー場リフト券11,500円に値上げ!東京スキーヤー衝撃と困惑。

例年スキーに行く 北海道ルスツリゾート、

大幅なリフト券値上げ、11,500円/1日だって。

リタイアし ルスツに長期滞在と思っていたのに、

なにかと裏目に出てしまう 還暦プラスです。

 

リフト券が IC化されてから こんなあるから、

私のルスツ大好き度、半端ないでしょ・笑

 

まぁ、安い日にあわせ 仕事の休みがとれたり、

好条件が重なった 東京スキーヤーなのでして、

 

これで JALのJGC会員になったようなモノ。

そして今も健康で、身体が丈夫なのは、

スキーの運動効果、加森観光ルスツ様のおかげです。

だから、出来れば 続けたいのですよ。

 

去年もリフト券が 6,500円から 8,800円に値上げ、

ニセコで会った 白人さんスキーヤーが

「ルスツ!ビックリシタヨ!」言ってましたが、

2023~24 スノーシーズンは 11,500円/日の衝撃。

 

スキーヤーの 星野リゾート社長も おっしゃってたけど

日本のスキー場は 世界一安く 事業者が損をして

設備更新も ままならない状況と。

 

それに日本人をターゲットに、安いツアーを出しても、

もう日本の若い人は 雪山に行かないのだよね。

私なんか若いほうで、高齢化 先細りがみえみえ。

視線を変え 世界のスキーヤーを 呼び込まなきゃ!

 

世界的、物価はどうなん?香港に行ってみたんだけど、

もう 日本は とても安い国になってしまって、

worldwidetraveler.hateblo.jp

あちらの物価は  日本に比べ 2~3倍。

worldwidetraveler.hateblo.jp

日本人スキーヤー、スノーボーダーを敵に回すようだが、

ニセコやルスツ程のスキー場、リフト券が2万円でも、

海外からくるスキーヤーにしたら安いのだろう。

 

 

ただ、それではウチら日本人は もう行けないので、

我々が参加できるプランを、考えて欲しいと願います。