還暦リーマン surf&snow DIVER

東京拠点 国内外アウトドア旅行

テレビ離れ TVを売却「放送法64条・契約の自由」

MYテレビを 買取店へ持って行った。

昨年から見ておらず 無くても大丈夫なのが解ったから。

パナの43インチ 5年前52000円で買ったのが 1万円になった。

(10年過ぎると買取不可との事)

子供の頃は 専用テレビは夢だったなぁ。

「8時だよ全員集合!」(9時からのキーハンターは消灯)

「太陽にほえろ!マカロニ&ジーパン刑事」

大好きで 欠かさず見せてもらったが、

狭い部屋に多家族 TVまで2mの距離を取れないため、

「目が悪くなる!」とあまり見せてもらえなかった。

それゆえ?私や兄弟 未だ裸眼1.5と高視力。

 

まぁ テレビくらい あっても良い訳ですが、

放送法64条というのは 長年納得がいかず、

「契約とは双方の合意で成り立つもの」

もっとも 家族はテレビを見てるし、

車には 走行中は映らないTVあり 解約はできません。

そもそも「ガラケーで見れるでしょ!」と、

「ホントに見ません」と言う若者に

強制契約を迫るっての 今どき支持を得られる訳なく、

受信設備を手放しNHK解約、伴い民放も見なくなる、

けっこう つながっていると思うんですよ。

NHKの番組は 一番信頼が出来ると思いますし、

協会との 契約の在り方を 改革してもらえたら、

歳をとったら またテレビを買って見るかも。

 

近年はネット YouTubeにテレビ局やプロが参入し

「テレビ離れ」が進んでいると聞きますが

それらの人は せっかくのテレビ網で

活躍するのが いいに決まってますし。