早期リタイア・アウトドア旅行&日常備忘録「還暦プラス」

65歳を待たず早期リタイア後の日常生活・東京を拠点に国内外アウトドア&温泉旅行記

恋するフォーチュンクッキーとアベノミクス

カラオケで 皆で歌って踊って 気分は盛りあがった、

AKB48は解らなくても「恋するフォーチュンクッキー」

 

今も、YouTubeでたまに見るんだけど、

最初の 外国人のナレーションが、今、思えば深いなぁと。

 

「元気がない日本。カネも仕事もない。」


東日本大震災があって、2012年10月末 日経平均株価 8,800円

景気が悪く 気が滅入りがちだった頃の曲です。

 

元職場で この頃に社会に出た連中と、良く話をしたのだが、

仕事が見つかるまで 毎日、生きた心地がしなかったそうだ。

 

今や人材不足、還暦プラスにも 仕事の声がかかる時代、

そんな時もあったねぇ・・・と懐かしさを感じる。

 

あの「お先真っ暗」感のなか、アベノミクスが始まった。

 

そもそも「アベノミクス3本の矢」とは何だったのか。

 

大胆過ぎる金融緩和で市場のお金を増やす。

バラマキとも思える財政政策でスタートダッシュ。

規制緩和で自由なビジネス成長戦略。

 

今や 日経平均は3万円超え、なんだかんだ活気は戻った。

特にインバウンドは大成功、求人は高水準の人手不足。

スタートダッシュは良かったのだが、コロナがなきゃなぁ。

 

しかし ずいぶん腹をくくった政策だったと思うけど、

「日本はもうダメなのかも?」思っていた頃だからな。


www.youtube.com

政府のHPにあった、成長戦略2014 今さらながら見てみた。 


www.youtube.com

どん底 日本経済の救世主に思えたのも 残念ながら完遂せず、

大胆過ぎた金融緩和も、今や将来不安に育ちつつ、

 

まぁ、今の国会中継みても どこかの労働組合みたいで、

小さなお願いごとばかりに思えちゃう昨今、

「未来はそんな悪くないよ」って救世主はいないのか。

 

結果的には賛否がある アベノミクスでしょうが、

「世界に勝つ成長戦略」腰を上げたのは凄い事だった気がするな。