surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

JAL函館「戸井線アーチ橋・日浦洞門・サーフポイント・恵山登山・水無海浜温泉・大沼プリンスホテル・七飯スノーパーク」

整理してたら眠っていた動画が出てきたのでYouTubeにUP!

大沼公園を走る函館本線 特急北斗。なかなかカッコイイですね。

気動車のノッチを上げてエンジン音を響かせ、

大沼と駒ヶ岳の風景を疾走する列車、運転士さん気持ち良いだろうな。

www.youtube.com

2019年5月 恒例の函館プリンス1泊 JALダイナミックパッケージ。

なぜ恒例かというと この時期はツアー代がお得なんですよね。

一人旅でも行っちゃう函館、内容が良かったので この時は家族旅。

まず 羽田のJALダイヤモンドプレミアラウンジで、

福島の美味しいお米「天栄米」を頂きました!家で炊きます。

コロナ前は オニギリやスープのサービスがあったJAL DPラウンジです。

f:id:uminotabi7:20211019063449j:plain

一路函館へ!有名な観光地を スルーしちゃうのがウチの旅・笑

ほら、怪しいコンクリート橋脚が見えてきました!これを追いましょう!

f:id:uminotabi7:20211019063808j:plain

グーグルマップの道筋で恵山まで行きます。

まず見たかったのが、旧戸井線コンクリートアーチ橋

何度も走っている道なのに 今まで気が付かず通り過ぎてました・笑

幻の鉄道「戸井線」1940年代 戦時中の資材不足で9割は完成し廃線に。

鉄筋は使えず コンクリートのみで造れた美しいアーチ橋です。

www.youtube.com

斜里にある第一幾品川(越川橋梁)も見てきましたが、

鉄筋の代わりに 網走監獄の囚人労働者「人柱」説がありましたが

函館のアーチ橋は キナ臭い話は見つかりませんでした。

worldwidetraveler.hateblo.jp

日浦洞門 狭い手掘りのトンネルが7つ、ここを走りたかった!

昭和一桁の時代に 岸壁が続く海岸線に手掘りトンネル。

網走刑務所に行ってから、こういう過酷な労働現場を見るたび、

網走監獄の「たこ部屋労働者」を想像してしまいます。

ここは サンタロナカセ岬を通るコース、

バイパスから外れるので、うっかりすると通り過ぎてしまいます。

路線バスも通るので 前から来たら運が悪いと思ってバックしましょう・笑

www.youtube.com

道の駅なとわ・えさん 

ここで毎回、昆布を大量に買います・笑。とても安い時があるので。

私の料理のダシは ほぼ昆布で取ってまして、

未だに健康優良なのは、函館昆布のパワーと思ってます。

f:id:uminotabi7:20211019064114j:plain

ちょっとワイドながら サーファーには良い波が立ってまして、

他にも良さげなポイントを見つけ、ローカルさんが波に乗ってました。

東京五輪でサーフィン競技をやって、ブームになるか知りませんが、

ポイント名は他人に言ってはいけない」波乗り人のマナーですので、

あえて場所は書かない事をご了承ください。

f:id:uminotabi7:20211019064159j:plain

それから岬の先端部にある恵山へ 毎回登山してますが、

険しくダイナミックながら、短時間で登れます。

岩が落ちてくるのでは?とスキー用のヘルメットを被って行きますが、

登山動画を再度見てみると、いかにも・笑。

山頂からは海が見渡せ、潮風が気持ち良いオススメの山です。

www.youtube.com

恵山を下山しグルリと回って、水無海浜温泉へ(海が温泉です!)

f:id:uminotabi7:20211019072524j:plain

地元の人と観光客の女の子が入浴してました。更衣室もあり。

あいにく引き潮で 水位がどんどん低下し 入れなくなってしまいました。

行って温泉に浸かりたい方は、事前に潮位を調べる事をオススメします。

www.youtube.com

水無海浜温泉から海岸線をドライブし、宿泊の大沼プリンスホテルへ。

一人旅だと激安朝食つきプランですが、今回は夕食がついて安かったです。

ホテルのフルコース料理は見た目も楽しいし とても美味しいです。

f:id:uminotabi7:20211019073530j:plain

プリンスホテルの周りは 森の散歩道から沼を眺めたり 楽しめます。

www.youtube.com

そして大沼、向こうに駒ヶ岳が見えます。台湾からの旅行者さん。

かつて社員旅行でこういう光景が見られた日本の観光地ですね。

台湾に大沼のような景色はないから、皆さん楽しそうでした!

f:id:uminotabi7:20211019073934j:plain

ここで手漕ぎボートを借りて30分も漕げば沖合の無人島に上陸も可。

この時は止めたようですね。ちゃんと出発地を確認しながら出航しないと、

「あれ?どっから来たんだっけ?」帰りが解らなくなりました・笑

f:id:uminotabi7:20211019074400j:plain

大沼でボートに乗らず、函館七飯スノーパークへ下見に。

駒ヶ岳と海を見ながら滑走できるスキー場、

スキーシーズンはプリンスホテルから送迎してくれるんですかね?

車はホンダのステップワゴン。北見ナンバーで函館を走る。

f:id:uminotabi7:20211019074858j:plain

今やセダンは不人気といいますが、人気のSUV、ワンボックス、ミニバン、

大きいミラーに高い視線、死角が少なく、全然運転がしやすいもんな・笑

f:id:uminotabi7:20211019074937j:plain

そして「なんだこの高燃費は!17.8km/L 」ミニバンの時代だ!笑

f:id:uminotabi7:20211019075108j:plain

それから函館空港から近い、海が見える源泉かけ流し温泉。

出発の時間まで温泉に浸かって、15時の飛行機で羽田へ。

JAL B767-300 千葉駅上空を飛んでいます。東京湾を横断し羽田に着陸!

はい・1泊2日でもこんだけ楽しめる函館の旅でした。

f:id:uminotabi7:20211019080037j:plain

今回も アウトドア派にオススメの函館旅行でしたが、

函館山などに行った時の記事(こちらもアウトドア向けだった)

worldwidetraveler.hateblo.jp

有名なハンバーガーショック「ラッキーピエロ」とか。

worldwidetraveler.hateblo.jp

遊びどころ満載の函館です。また行かねば!