surf&snow DIVER

東京を拠点に国内外アウトドア旅行

私とフィリピン①「セブ島ダイビング」

昭和50年代、2回の石油危機、円安インフレ物価高、安給料。

長引く不況からの転機は、昭和60年だったようで、

急激な円高で、初めてグアムに行けた頃と一致。

5歳下の弟の友達が、都立商業高校を卒業し、

都市銀行、大手証券会社にもれなく就職した。

不況期に就職した私より給料は良く、

特にボーナスの額を聞いた日にゃやる気が失せた。

景気回復、その後バブル経済になる、始まり。

 

ダイビングの趣味、グアムでの思い出が忘れられず、 

worldwidetraveler.hateblo.jp

海外旅行 2回目はセブ島に行った。

当時 Philippine AirlinesがCMでカルスアン島を流していて、

南海の小さい楽園島を想像していた。

 

マニラで国内線に乗換、ターミナルが1Kmほど離れており、

空港は凄い群衆で、皆、誰かを待ってるのだろうか。

映画「愛と青春の旅立ち」で、

フィリピン航空機がマニラに着くシーンがあるが、

まさにその風景だった。

f:id:uminotabi7:20210325210451j:plain

時はマルコス政権から変わったばかり、政情が安定してるとは言えず、

大きい潜水器材を入れたバックを持って、ノンビリ歩く観光的雰囲気はない。

セブに着けばゆったりできると思いきや、セブ島は大きい島で、

宿まで車で80Km、車窓から見える地元の人たちの風景、

元祖、南の島の生活って感じで印象的だった。

f:id:uminotabi7:20210325210522j:plain

ダイビングの宿は「アルガオ ビーチ クラブ」

セキュリティがしっかりして、安心して過ごせた。

既に、このリゾートは無くなってるようだ。

f:id:uminotabi7:20210325210551j:plain

グーグルマップで、今のセブ島アルガオに行ってみたら、

セブンイレブンはあるし、近代的になって、昔の面影はない。

アルガオの街は安くて良さげなリゾートホテルも多々あるし。

暇になったら、物価が安いし、長期滞在も良さそうだ。

f:id:uminotabi7:20210325212841j:plain

今、アルガオでダイビングが出来るかは不明だが、

サーフィンや、山に登って、滝で遊ぶ、

インスタ映えするスポットが多々あるそうだよ。

コロナ前まで、LCCが成田からセブに飛んでいて、

数千円で行けたのに・・・コロナ鎖国。

出来る事は今やる!大事だよね。

 

フィリピンはまた行きたい。

大戦時パイロットだった知らぬ叔父が撃墜されたのも、

この地と戸籍に書いてあったから。つづく。